05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< あのプレーは凄ぇ | main | 継続の力 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

大健闘狩野
人気ブログランキングへ


 野球は9回まで守れば27個のアウトを獲る。その中で今日は12個が三振。外野フライでのアウトは記録上は3つ。あとは内野でケリがついた試合だった。

 この試合の立役者、それは言うまでもなく久保投手である。しかし久保投手だけではない。その辺を強く感じたのだ。

 狩野選手にしてみれば、矢野さんの復帰をチームとしては歓迎するものの簡単にレギュラーに返り咲かれては自分の今までがナンだったのか?ともなろう。マスコミは矢野さんの復帰を後半戦の起爆剤ととり、酷い表現では“ベストメンバー”くらいに書かれている。それでは狩野選手が先発だったらベストメンバーではないのか?そう受け取られても仕方ない日々であったと思う。

 そんな中にあって狩野選手がスタメンを務めた試合で2試合連続の完封勝ちというのは非常に大きな意味があるのだ。

 昨日の岩田投手は再三ランナーを背負っての投球だったが、今日の久保投手はランナーを少ししか出さずに投げきった。今日は低めに決まる変化球が抜群だった。

 そういえば能見投手が東京ドームで見せた快投のときも落ちる球が抜群だった。狩野選手は落ちる球を使うコンビネーションが上手いのだろうか?

 今日の狩野選手の素晴らしさ。それは攻める姿勢である。攻めるといっても何度も書いているように内角を要求するのが攻めることではない。なんていうか、投手に攻める気持ちを持たせたまま投げさせる姿勢が、今日は試合を通じてとぎれなかったと思うのだ。これが素晴らしいのである。

 久保投手も非常にテンポがよかった。四球を出す気配を感じなかったもんな。元々多くの変化球を操るタイプの投手であるが、やはり軸になる球種が決まると非常に強いものだと改めて思った。

 相手の三浦も別に悪い内容ではなかった。タイガースが2得点である。別に勝ち投手になっても不思議ではない投球である。2点目は味方守備に原因があるのだが、1失点で終えてもおかしくなかった。

 それでも2得点した打線が頑張った。初回の先制点は実に美しい得点だった。鳥谷選手の浅い外野フライであったが赤星選手の脚で得点に結びつける。これが鳥谷選手にとってどれほど大きい打点であろうか。打ち損じである。それを犠牲フライに変える赤星選手の凄さを見せ付けられた場面である。

 2点目も美しかった。狩野選手の3塁打は横浜外野陣の守備の綻び。しかしこれを返した平野選手の片手打ちライト前タイムリーも一番効果的なところに落とす当たりだった。タイミングを外されている。しかしヒットにする。平野選手の身体能力というかセンスが如何無く発揮された場面であろう。

 それでもやっぱり狩野選手である。昨日の岩田投手、今日の久保投手と、タイプの違う完封劇を演出して見せたことは高い評価に値する。調子の異なる投手をリードして勝利に結びつけることが出来たのは大きな自信になろう。

 もちろんまだまだ勉強中で、矢野さんに敵わないところも沢山ある。それでも「帰ってきました。レギュラーどうぞ。」なんて甘いことは言うはずがないのである。

 矢野さんの1軍復帰はスタメン復帰に非ず。もしかしたら後半に更に大きく化ける可能性のある選手である。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:11 | comments(6) | - |
たけさん、こんばんは。
矢野さんの肘は関節だけでなく靭帯損傷もあってこここまで遅れたんです。しかも靭帯については完治は手術しかないというところを保存療法でいってますので連戦は無理という判断がされています。
なので吉田コーチも安藤と下柳の週2回、次再発したら選手生命が終わってしまうので慎重にとコメントされてますので矢野さん復帰でも狩野くんのスタメンマスクがメインになることは、はっきりしていましたよ。
| sorako | 2009/07/31 1:29 AM |

言葉足らずでしたが、狩野くんが頑張って成長しているのは評価されるべきだし、首脳陣からも評価されていると思っています。

| sorako | 2009/07/31 1:32 AM |

sorakoさん
 おはようございます。
 こちらも言葉が足りないのかもしれませんが、

>安藤と下柳の週2回
 ↑だからそこなんですわ。sorakoさんのコメントどおりだとすれば、週2回でも矢野さんに出番を奪われてしまう。ベンチから矢野さんのプレーを見るだけでも勉強になるでしょうし、狩野選手にとっても連戦の疲れから体を休める日にもなるんでしょうけど、“安藤投手と下柳投手のとき”にという前提まで付けられてしまう。狩野選手の状態がよければ“安藤投手と下柳投手のとき”でも使っていいはずですよね。

 ということで、そこに狩野選手が成長する部分もあるでしょうし、まだまだ悔しさを感じる部分もあるでしょうし、矢野さんが帰ってきたことで狩野選手に火が点いている部分もあるでしょう。投げる投手が誰であっても狩野選手が受ける気持ちで。そうであるべき自分の姿がわかっているのに・・・って悔しさ、あるんじゃないでしょうか。

 矢野さん目線で見るか、狩野選手の目線で見るか?少なくとも狩野選手は「週2試合は僕よりも矢野さんでお願いします。」って言わないんじゃないかと思ってますけど。

 矢野さんの大ファンのsorakoさんにとっては嫌な内容の文章だったかもしれませんが、私はそんな考えで今日のエントリーを書きました。
| たけ | 2009/07/31 6:03 AM |

本来レギュラーポジションとは「争うもの」だと思う私には
ここ数試合の狩野選手の気合いの入りっぷりに
「しめしめ」って思ったりします。

数年前、鳴尾浜球場での試合を観戦に行ったとき
金澤投手と意思の疎通がうまくいかなかったのか
試合中にもかかわらずマウンドの金澤投手に向かって
スタスタ(ズケズケ、って感じにみえたけど)歩いていって
ガンの飛ばし合いになってた頃の狩野選手を思い出すと
成長したなぁー なんて思ったりもします(笑)

狩野選手は「そういえばまだ俺は正捕手じゃなかった!」
って『思い出す』きっかけに
矢野選手は「まだまだお前ごときにゃ譲れんなぁ」
ってニヤリとベテランの味を出す。
そうやってチームは強くなるもんだと思ってます。
いくら矢野さんがすごいったって、10年先にいないのは確実だし
狩野選手なら10年先、まだ現役の可能性大なんだし。

…何いってんだか良くわかんなくなってきたけど
「登板する投手によっって捕手も担当制」は個人的には好ましくないけど
相性とかってのもあるんだろうし
2人も試合を作れる捕手がいるってのを
ありがたーく思いたいです、はい。
| りっちゃん | 2009/07/31 8:31 AM |

全然、嫌なことなんてないですよ。ただ矢野さんはどんなに成果を出しても連戦は無理なんだと言うことだけなんです。あまり靭帯損傷は知られてないからと思って。
逆になんか申し訳ありませんでした。
| sorako | 2009/07/31 12:08 PM |

りっちゃん
 俺も最近の狩野選手が出している結果についてニヤっとしている1人です。
 矢野さんの実績については否定するもので無いことは言うまでもありませんが、それに頼り続けるのは・・・というのは、りっちゃんが書いてくれている「10年先にいないのは確実だし」という部分と同じ考え方であると思います。

 俺も実は捕手担当制が基本的には苦手です。捕手側で好き嫌いを言うというよりは、これは起用する側の判断でしょうけどね。今は狩野選手が良い結果を出し続けているので変に担当制にしたりせず、続けての起用を望んでいます。その中で矢野さんがどう使われるか?そしてそれを狩野選手がどう考えるか?徐々にタイガース投手陣も狩野選手に慣れてきている様子が伺えるので、これから結果を出していけるものと思ってみています。
| たけ | 2009/07/31 10:31 PM |