05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 小さくて大きな鉄人  | main | LINK追加のご案内 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

小さくて大きな鉄人 
★ 5月3日 【前日の負けを引きずった試合】

 淡白で連打も出ない。どうにも前日の負けを引きずってしまった試合のようにも思えました。昨日のたった1つの配球が次の試合まで影響しちゃったかのような試合に思えました。

(ま、ここから少々厳しく)

 前回の登板で広島打線に好投したジェン投手ですが、4月26日のエントリーでも最初のほうで書いたように、真ん中に集まりがちな投球なんですわ。四球が少ないという触れ込みですが、どうもストライクばかり放ってしまうタイプに見えますね。翌日の下さんの投球なんかがお手本だと思うのですが、ストライクを打たせるばかりが投球じゃないですし、内角に投げるばかりが攻めの投球って訳でもないんです。この辺の考え方にもよるでしょうね。

☆ 5月4日 【下さんがピンでお立ち台に立たされた試合】

 この日の投球は狩野選手にもジェン投手にも実に良いお手本になるようなものだったと思います。

 この日の下さんの投球の特徴をいくつか書きますと、 々發瓩離棔璽覽紊鮖箸辰涜納圓量楡を変える。◆々ツ澗納圓瞭盂僂謀蠅欧覽紊呂里韻召蕕擦襪らいのコースに投げる。 ボール球を振らせる、または打たせる。ぢ納圓悗旅兇瓩漏涜農覆瓦箸鉾鵑此■瓜邱腓鯆未犬胴圓Δ發痢覆弔泙蠢阿梁農覆稜杁紊垢蕕睛用するってこと)。こんな感じでしょうか?狩野選手の配球はまだまだ各打席ごとの単発リードなんですわ。(ま、これも勉強してこれからですね)

 試合としてはもう何もいうことはございません。読売相手の連敗を止めるには一番効果的な試合でしょう。この日の下さんの投球を見ればピンでのお立ち台も納得が行くってものです。もちろん連打の得点も素晴らしかったですよ。


☆ 印象に残った選手。

  ‥井投手

 現在のタイガースでは球児投手がファームで調整中。そうなると誰か1人が後ろの3枚に加わらなければなりません。そこでその筆頭が“7回表のジェット風船準備時間を短く終わらせる男”江草投手です。今シーズン何回も相手の火を鎮火しています。前監督が「7回が勝負の肝」と語っていたことを考えれば今最も7回に相応しいのは江草投手でしょう。

 そうなったときに今までの“江草ポジション”が空きます。そこにはまるのがファームでも抑え経験のある筒井投手です。

 投げ方を一時期のサイドから戻した今、結構いい球が行ってるんですよ。5月4日なんて最終回は3者三振です。四球2ってなってますけど、ありゃ審判と合ってなかった。それくらいなもんですわ。4日の最後、完封リレーの〆を任されたんですから、確実に上がってますね。入場曲の“innocent world”、結構口ずさんでいるお客さんも多かったので、1軍に定着して球児投手の“EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING”、江草投手の“ライガーのテーマ”のように定着するといいですね。

 ◆‐さくて大きすぎる鉄人

 首の怪我があり、腰痛(ヘルニアの疑い)もある。守備についているときの歩き方もしんどそうなときがあるのですが、ファインプレーはするは走るわ、先頭打者としてはこの3連戦で14回打席に立て8回の出塁という驚異的な数字。常々思っていることですがこの選手こそが現在のミスター・タイガースです。誰がいなくなっても困るのですが、この選手の存在の大きさはそう簡単に消すことは出来ないんです。そんな赤星選手の凄さを感じた3日間です。

  藤川球児選手

 肘の状態がどうなのか?本当に10日間で帰ってくるのか?本当に10日間だったら俺は抹消する必要は無かったんじゃないか?そんな風に思うんですよ。

 もちろん投げさせるなんてことはしなくていいんです。投げさせちゃいけませんよね。でも相手にとってタイガースのブルペンに球児投手がいるのといないのでは心理的にも作戦的にも全然違ってくると思うんです。

 抹消して治療に専念させる。登録しておいて名前だけ残しておいて治療に専念させる。同じ治療に専念させるだけでも全然違うんですよね。ま、これは本当に10日で帰ってこれる軽症であった場合に限った考え方なんですけど。

☆ ということでお礼

 このゴールデンウィークも多くの方に親切にしていただきました。やっと初めてお会いできたtigers-netのKENさん。やっと一緒に観戦できたかれいどさん。昨年の広島市民以来、球場でお会いしたブロガーのLARKさん。以前から一緒に観戦してくれている観戦友達の2人。メールをくれた方。園田に一緒に行ってくださった方々。いつもの居酒屋でお会いした皆さん。ありがとうございました。

 渋滞を避けるために関西の22:30くらいに出ましたが、四日市で自然渋滞、豊田JCTで自然&事故渋滞、三ヶ日付近で事故渋滞(これは抜道利用で回避)がありましたが、午前6時40分くらいに帰宅しました。

 来年は知らんけど、また行きます。ありがとうございました。

| タテジマに想いを | 17:55 | comments(2) | - |
こうやって赤星選手にスポットライトを当てて絶賛してくださっているブロガーさんが結構いらっしゃって。嬉しいです〜〜  わたしもしみじみと強い人やと感じました。
07年の5月4日にあの負傷退場があったので、毎年5月4日が来るたびにゲームでこの人の姿をみられると言う事を幸せに思います。あの時はもう引退しちゃうんじゃないか・・・って思いましたから。
腰痛ヘルニアはプロ入り前から抱えていた爆弾だそうです。
活躍する姿もみたいですが、今はただただ、息の長い選手でいてほしいと願っています。。。
球児の抹消はわたしもちょっと不可解です。
でもきっと万全になってまた戻ってきてくれるかな。
筒井君、ぜひとも定着してほしいですね。
とても可能性を感じさせる投手なので。
今日はゲーム出来るといいなぁ。二日もゲームが流れるとさすがにガッカリします(笑)
| ぷく | 2009/05/07 7:28 AM |

ぷくさん
 こんばんは。
 もう赤星選手の活躍には文句の言いようがないですね。出場できないことで存在感が更に増している気がします。
 もちろん出場した際の大きさは言うまでもありませんね。
 プレーできるのが当たり前という状態ではないのかもしれませんが、それを言い訳にしないところも当たり前といえばそれまでですが凄いことだと思います。

 さて投手陣、能見投手に筒井投手。苦労した選手が少しでも脚光を浴びることが嬉しいことだと思います。
| たけ | 2009/05/07 10:24 PM |