05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< この3連戦に限って言えば | main | 小さくて大きな鉄人  >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

小さくて大きな鉄人 
 まさかゴールデン・ウィークの読売戦を3試合ともライトで観戦できると思わなかった。そんな3連戦。

 仕事終了後に高速料金大サービス的なものを利用しようと企んで出発する。順調に高速を走り「これじゃ関西に着くのが午前0時前になっちまう。どこかで休憩しなきゃなぁ。」と思っていたら、名神の中国道分岐前でキッチリ20kmの渋滞。目的地最寄のインターに着くころにはしっかりと午前0時を回っていた。料金は2,000円程度。実に安い。

★ 5月2日 【勝たなければいけなかった試合】

 先発期待の能見投手、そして先発センター赤星選手で始まったこの試合。相手のグライだってそんなに良くねぇじゃん。ということでトントンと点を重ねる。そこまでは良かった。

 能見投手も立ち上がりから飛ばして抑えて行く。ここも良かった。

 しかしそりゃもちろんピンチを迎える。もうここは色々な方が議論を尽くしたであろう狩野選手の内角連続要求。ま、今ここで何を言っても結果論ですが、ありゃやっぱり勝負して欲しくなかったな。

 まだイニングも浅いこともあり、勝負という選択肢だってもちろんOK。でも相手は首位打者絶好調の若者坂本。敬遠してグライ勝負だってもちろんOKだ。

 (以下、ちょっと厳しく)

 っていうかその前に関本選手のエラーなんかもあって、この勝負も含めて監督は采配ミスという言葉を今季何度目かもう忘れたくらいに使ったのだが、守備的な部分にも秀でたチームを作るんだったら1,3塁の入れ替えはね。ゴールデングラブをコンバートとか、それもね。

 そもそも試合の勝敗の責任なんてのは監督が取るのが当たり前なんで、毎度采配ミスって言われるのは俺は好きじゃない。思っても言わんでいいのよ。あえてバッテリーに厳しいコメント出すことも成長を促すわけだしね。采配ミスという言葉を連発すればするほどに監督への信頼度に疑問が付いちゃうんじゃないですか?采配ミスとか言わんでよろしい。

 この場面、球場で観ていて感じたことは平野選手が1,2塁間を空けて2塁ベースに極端に寄っていた守備位置だったんです。そんなわけで狩野選手がインコースしか要求出来なかったのか、逆にインコースを連続するので平野選手がそういう守備位置にならざるを得なかったのか、それはどちらにも取れるのですが、とにかくインコースに投げる投げないと言う以前に、狩野選手には高低も使ってストライクゾーンを最大限広く使ったリードを覚えて欲しいです。いまはちょっと低めに偏りすぎな気がしていますね。今はまだ成長途中でしょうから打たれて覚えることもあるでしょうけど、それがチームや投手の成績を左右します。同じ失敗だけは最少限度にとどめておく。これだけは忘れて欲しくないですね。

(気分を変えて)

 それでも能見投手の負けは消えるんです。打つほうは好調の狩野選手が出塁してチャンスを作ります。この7回のイニングですが、3得点中2得点が犠牲フライなんですね。確かに最低限度の仕事をしてはいるのですが、欲を言えばここは山口からタイムリーで得点したかったですね。やはり2点のビハインドでアウト1つで1得点が2回続いてランナーが塁上から消えてアニキを迎えるのはちょっと勿体無かったです。

 能見投手はエラーがらみやベンチワークのミスも重なり失点しましたが、これは自分のせいじゃねぇや!くらいに考えたっていいと思います。

 この試合、球児投手が一発を浴びてしまいましたが、肘の痛みの状態があったでしょうし、しっかり治して次は抑えてほしいですね。

 ちなみにこの試合は最上段で観戦させていただきました。後ろが金網なので風が強い日はかなり寒いので、念のため上着を1枚持っていった方がいいかもしれません。でも眺めはいいし、立って応援できるし、いい場所ですね。

| タテジマに想いを | 23:50 | comments(0) | - |