07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< そういった事情 | main | 出てくる喜び >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

変幻自在?
 ウィリアムス投手が投げ方を色々と変えて試験中だ。

 ついにアンダースローにも・・・・・とは言っても実戦で使うかどうかは別物。でもオーバースローかアンダースローのどちらか1つを試合中に数回でも使えれば面白いだろうなぁ・・・・・とは思う。

 球の軌道や出どころも変わるので打つほうにしてみれば恐怖心が増すことは間違いないし、フォームを変えることでどの角度が体に無理がないかを探ることだってできる・・・・・かもしれない・・・・・と思う。

 左のアンダースローなんて出現すれば記憶にある限りでは随分久しぶりで(俺が知らんだけか)西武ライオンズで活躍した永射さん以来のような気がするが、左のアンダーから150km/h近い球が来るなんて、味方にすれば実に素敵なことだ。

 ま、そんなことを考えながら昨日は選手名鑑を探した。すでに週刊ベースボールで選手名鑑を掲載しているが、昨日探したのは球場にも持っていけるコンパクトなもの。これ、迷うんだよねぇ。

 昨日書店に並んでいたのは日刊スポーツ、ベースボールマガジン社、宝島社の3社のもの。例年ならこれにスポニチ版が加わる。

 色々と比較しながら見てみると、同じ選手でも期待するコメントがあるものと厳し目のコメントがあるものがあって、その比較が結構楽しい。 

 多くの人が注目しているタイガースの第2捕手争いでも現在は岡選手がリードしているかのような印象を受けるが、選手名鑑編集時では岡選手に結構辛いコメントも並んでいて、狩野選手に期待が高いコメントが並んでいる。

 データを重視するならスカウティングレポートも出版されているのでこれも面白くてどれを買おうか現在思案中。俺の中では別冊宝島が一歩リードなのだが。

 そんなわけで今日も仕事帰りに書店に寄ってしまった。そして今日も買わずに帰ってきた。
| タテジマに想いを | 22:11 | comments(0) | - |