11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 阪神タイガース様、お誕生日おめでとうございます | main | ちぇ〜んじ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

勘違いを勘違いしないように
 球児投手が勘違いのススメって感じでコメントを出したらしい。

 要は謙虚さが遠慮になってはいないか?そしてそれが委縮することになってしまってはいないか?という心配だと思う。

 若手選手だからといって、先輩に対する礼儀などは必要だが、プレーまで謙虚になる必要はない。大胆でふてぶてしい位でちょうどいい。そんな感じだと思う。

 グランドで競うのにキャリアは不要だ。確かにキャリアからくる巧さとか、そういうのがあることは事実。でもそれが無いからと言って遠慮することなんてないのだ。

 ここで大切なのは、その結果が出ても勘違いしないことだ。自分がやってきたことに対し、正当なだけの自信を持ち、それを誇るのは一向に構わない。ただ、それを必要以上に、現実以上に思ったり、振る舞いに出してはいけませんよ。ということだ。

 思い出さなければいけないのは、前監督の岡田さんが口を酸っぱくして“悪い意味の”勘違いに警告を発していたことだ。1本のヒットで1面を飾るがそれを勘違いするな。1年活躍しただけでプロを舐めるな。練習を怠るな。全てが成功してほしいとの親心だった。

 球児投手が“勘違い”という言葉を用いたのかもしれないが、その真偽を図るに、実際には“勘違い”ではなく“遠慮するな”という意味の方が良いのかもしれない。自らの実力をもっと信じて、気持ちを出してプレーしなさい。自分にプレッシャーと目標をしっかりと認識させるためにも具体的な数字などを挙げてごらんなさい。そう聞こえてくるのだ。

 ファンとしての思い入れもあるが、選手の素材だけは育っている。ただ自分で自分を出来ない子にしていないだろうか?窮屈そうに野球をやっているのではないか。それでは宝の持ち腐れである。

 もっともっと思い切って野球をやろう。若いうちからベテランみたいなプレーをするな。早い話がそれはファンが見たがっているものであると言い替えることが出来るのだ。


| タテジマに想いを | 21:50 | comments(0) | - |