03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< これを越えないとなぁ | main | 野球は9人で >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

こういうときこそ
 新井選手がベンチで試合を観ている。どうにも新鮮なようで見たくなかったシーンであることは間違いないのだが、本当の勝負どころはまだ先なので、チームとして余力があるうちに休んで治してほしいと思う。

 今日は上園投手が踏ん張った。そりゃあランナーも背負ったのだが、それでも結果的に連打を許していないのだから好投だと思う。 

 3番関本選手は1番と2番で作ったチャンスを広げて4番に橋渡しするタイプの3番打者である。こうなると5番の穴をまたしても感じてしまうのだが、ここは代打陣からファーストを守れる選手を選んで交互で使っていくことになろう。

 そういう意味では代打陣にまた1つ空席が出来るわけである。とりあえずは桧山選手を代打の中心に据えて戦うのであろうが、浅井選手のチャンスもこれで広がるものと思うので、打席で慌てず、しっかりとボールを見て振りに行ってほしい。

 金本選手の盗塁が今日も炸裂した。このことで思うのは、4番打者であると同時に4番目の打者であることも頭に描いているのではないかということだ。

 これは当然、鳥谷選手の好調も大きな理由の1つなのだが、決めに行くのではなく後ろにつないでチャンスを広げて行く。その姿勢を出しているのがここ数試合の盗塁でもあるし、金本選手が走ることで少しでも次の打者の打席の際に投手に盗塁を意識させ、投球の幅を狭めるか?に意識を持っているんだと思う。いずれにしても金本選手の凄さを感じたプレーだった。

 タイムリーが出ない試合だった。でもこうして勝つことが出来る。得点を挙げた際のいずれの当たりも名手と呼ばれる宮本選手のところへ飛んだゴロだった。そして彼は2度ともファンブルや弾いてしまっている。こういった偶然とも言うべき運さえもタイガースは味方にしている。

 何試合も2ケタ安打の試合が続いた。そしてその後は1ケタ安打の試合が続いている。しかしチームは特に大きな連敗をしているわけではない。

 野球は相手より1点でも多く取れば勝つスポーツである。そしてそれは同時に相手に点を与えなければ負けることは無いスポーツであるということを感じた試合だった。

| タテジマに想いを | 23:20 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/191219
虎の完封リレー!
 7月16日、阪神vs.ヤクルト戦。  腰を痛めていた新井がスタメン落ち、いよいよ苦しくなってきた阪神 だが、今日は投手陣が奮起、完封リレーで勝利した。  序盤、阪神・上園、ヤクルト・村中の両先発が好投、スコアボードに 次々と0が並んでいく。  しかし上園
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/07/16 11:37 PM |