10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< やっと見れた昼間のオープン戦  | main | 2008年観戦日程 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ライト予想“虎っくばっくスタジアム参加記事”
 毎度恒例、オフシーズンには実に助かるT-BLOGの虎っくばっくスタジアム企画。今回はライト予想なのだ。

 もう少し早い時期のエントリーならば混沌としていたものを、この時期になっては“2強”とでも言うべき2人になってしまった感がある。いや、3人でもいいか。

 1人目の候補は言わずと知れた本命:桜井広大選手だ。とにかく打つ方にかけては今年も打席に入っただけでワクワクさせてくれる存在であることは間違いない。

 心配された守備の方も、相変わらず・・・・・かもしれないが、守備はやればやるほど上手くなる(はずだ)から今年は機会を掴んで何度も何度も守備機会を得てほしい。

 そういう意味では昨年は少しずつではあるが守備も上達したのではないだろうか?(推定)

 課題が守備と走塁という点ではハッキリしているのでそれを克服すれば、いや、上手くならんでも無難にこなせる程度になれば今よりさらに大きな戦力となる。

 ライトを争うはずだった林選手は早くて交流戦中盤に復帰とか言われているが、実際には代打で復帰しておくことになるとおもうし、その林選手が守備に入る展開というのはチームとしては“今年に限っては”良い状態であるとは言えないときだろう。今年の広大選手は林選手という試合に出ていないライバルとも出場を争うことになる。林選手が帰って来てもライトは広大。と言われる状況を作るのだ。

 2番手はここまで好調の葛城選手となろう。本来ならフォード選手のはずだった。俺もそう思っていた。序盤は未知の選手で戦い、相手が慣れてきたら徐々に切り替えて・・・という戦法だと思っていた。しかしこのところの「あそこが痛い、ここが痛い。」で一気に評価を落とし、現在ではせいぜい“序盤で投手が崩れた時の最初の代打”くらいでしか首脳陣も考えられないだろう。

 昨年、誰もいなくなってしまったようなファーストで出番を得てそのまま1軍でシーズンを終えた。1年間、全然1軍でプレーしなかった年もあるがそれにも腐らずに体を作ってきたのは太ももあたりを見れば分かる。

 体格的にはもっと長打が出ても良さそうなので、これが出始めれば広大選手に差をつけることが出来る。だって外野守備は広大選手よりも上手に見えるし。

 3番手は浅井選手となる。捕手から外野手ではそもそも守るときに見る方向が正反対なので大変だろうけど、昨年も外野で出場をしているため全くやったことが無いポジションというわけでもなさそうだ。

 守備もそうだが個人的に心配するのは打撃だ。とにかく思い切り振る。ファーストストライクには振ってみるって感じだ。実はこれが心配。

 打順が何番かにもよるが、初球打ちのリスクはそれなりに大きい。相手の球をどれだけ見るのか?とか色々心配も多い。最大の心配は「初球を打つ。」と決めてかかっていないかどうかという点だ。

 何回か書いているのだが、それは本当に浅井選手が狙っていた、待っていたコースや球種だったのか?もしそうでないのに打ちに行ったら凡打になってしまう確率は高かろう。それだけが心配。

 浅井選手の打撃の凄さは球場の打撃練習で実感している。タイガース在籍時の濱中選手以上に勢いのある打球を飛ばしていたほどだ。その実力を発揮するためにも選球眼を向上させてみたらこれもまたおもしろい。

 現時点での開幕ライト。俺は僅差で広大選手と予想する。
| タテジマに想いを | 22:33 | comments(2) | trackbacks(0) |
浅井選手!ハマスタで見たHRは鮮烈でした!
捕手としては江草投手と組んで
サンデーアサアサと言ってたような記憶があります。
ライトでの定着は実情かなり厳しいと思いますが
やるからには本人も必死でしょうし
いいところでアピールしてほしいですね。

私もコーダイくんが頭ひとつかなってとこですね。
トータルバランスではイクロー選手が光りますが
“しばき倒す”コーダイくんのバッティングは
捨てがたいと思ってしまいますね。
いや、でもイクロー選手も・・・・(笑)

あ、ひやm・・・ry
| とらうびこ | 2008/03/04 8:35 AM |

とらうびこさん
 そう、浅井選手の打撃っていうかパンチ力は捨てがたいんですよね。でもそれをどうすれば活かせるか?というのに気づけば今よりも格段に良くなる気がします。それはコーチが教えるというよりも自身で気づくべきところかもしれませんね。
 打席での迫力というか、相手に与える恐怖心は広大選手に軍配が上がる気がします。下手なことは出来ないなっていう感じですね。
 しかし最後の選手・・・・・あ、忘れてたわけじゃないんですけど。。。。。
| たけ | 2008/03/04 7:42 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/175989