04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 2008年虎始め、今年はお前なんだ!【打者編】 | main | 正田にも思う >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

そこに庄田が残ったこと
 キャンプメンバーが発表。いよいよだなって思う時期になってきた。それは同時に「チケット争奪」が近くなってきたということも含んでいる。

 そのメンバーの中で注目する選手がいる。庄田選手だ。坂選手と共に注目なのだ。

 坂選手は昨年に続いての選出で、1軍所属がベースになりかけている好選手。昨年は不慣れなサード起用にも関わらず横浜スタジアムではホームランも打つなど活躍。たしかにしなやかな打撃フォームで楽しみでもある。相手の投げた強いボールを強く打ち返せるか?首の故障の影響もあり強く引っ張れなかった赤星選手の場合は極端なシフトを敷かれてしまう。それでもヒットを打つ赤星選手は凄いのだが、怪我をしていない坂選手は強いボールを引っ張ることも出来るところを見せ付けて、是非“ヒットになる”ゾーンやシフトを拡大して欲しいのだ。

 坂選手はきっと今年こそはセカンド争いになるのだろう。オリックスから移籍の平野選手が外野手として呼ばれているのでセカンドは関本、藤本の両選手に加えて坂選手が加わり、本職ショートでありながらセカンドもこなす大和選手も加わる。構図としては世代的にも「関本・藤本VS大和・坂」組というタッグマッチが見れる。やはり20代前半の選手の突き上げというのは必要なもの。その空気を是非とも運び込んで欲しいし、1軍内野の雰囲気を変えて欲しい。

 そして庄田選手である。もしも林選手と広大選手が万全だったら・・・・・と考えるとどうだったかは微妙だろう。でもそれは昨年のシーズンもそうだった。

 長いペナントレースのすべての試合が同じ野手で戦えるわけではない。交代したりメンバーを入れ替えたりというのは必ずある。しかし実績の少ない選手にはそう何度もチャンスが与えられるわけでは無い。その中のチャンスであるということを考えてしまって実力を発揮できずにファームに帰っていった選手は何人も見てきた。その中で庄田選手はチャンスを掴んだ。それが昨年だった。残念ながらファームに戻ることになってしまったが、左の外野手として“庄田”という名前を印象に残すことに成功した。

 庄田選手は社会人野球シダックス出身。東北楽天の野村監督の教え子でもある。その野村監督は庄田選手のことを「桧山くらいになれる。」って感じでおっしゃっていたことを記憶している。だから当てるのも飛ばすのも出来る選手だということだろう。

 現在の外野を見れば、庄田選手はライト争いに参入するんだと思う。ここでも順番的にはきっと早いほうではないと思う。他のポジションや打順に金本選手、赤星選手がいることを考えると左打ちの選手ばかりがスタメンにはなりにくいのではないか。でも庄田選手には楽しみな感じがする。何かをやってくれそうな気がするのだ。その“何か”が何かは分からない。でも例えば紅白戦で印象に残るプレーをするとか、オープン戦で印象的な一発を放つとか、思わず首脳陣が庄田選手を外せなくなるような印象を残す可能性を、俺は他の選手よりも強く感じるのだ。

 勝負の1年。ここの活躍に期待している。
| タテジマに想いを | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/172333