09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 先輩を引っ張る | main | 鶴竜 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

生き残りかける2人
 実は先ほどまでスカパーのJスポーツでやっている“ガンバレ日本プロ野球”を見ていた。俺はこの番組が好き。金村と大塚のコンビもいいけど、今日のゲストだった佐伯の扱いの気の毒さには笑ってしまった。他のゲストとエライ違いだ。

 タイガース関連では、移籍した途端に赤松選手の記事がなくなってしまって寂しい。赤松には移籍した広島でも記事になるように様々に頑張って欲しい。こういうところでタイガースの注目の高さがうかがい知れるものだと思ったものだ。

 さて、徳島市内で自主トレ中の藤本、秀太、オリックス濱中の3選手が記事にされていた。3人とも今年は色々な立場で存在をかけてプレーする。

 秀太選手は何年もヒットが出ていなくって、確か神宮で試合を決めるヒットかなんか・・・・・あ!ホームランだったか?!を打って以来になっちゃうのかなぁ?それくらいヒットが無い。そもそも打席に立つことも少ないのだが、秀太選手のポジションである代走・守備固め要員としては藤原という内野だけではなく外野も出来る選手が登場してきたので全く秀太選手にはヤバイ状態になっている。しかも藤原選手、昨年はヒットを打って打点まであげている。

 レギュラー奪取!と言い切れないのが辛いところで、何年も前の讀賣戦ではサヨナラヒットを打ったこともあるのに・・・・・出てきたばっかの頃はショートのレギュラー?なんて言われていたのに・・・・・と思うと寂しい気もするが、確かにこのままではヤバイ。暗黒時代のヒッティングマーチは実に素晴らしい曲で中野さんの使っていた名曲を受け継いだのに・・・・・と思うと秀太という名前で盛り上がれるのが高架下だけじゃ寂しい気もするんだけどなぁ。今年はどういうポジションかわからないけど生き残れるかどうか。それも契約という意味での生き残りになると思うので注目したい。

 ところで藤本選手である。打率3割というのは既に2003年のはなし。これはもう忘れて何度目でもいいから心機一転の取組みが必要。

 今年は打法を修正して望むようだ。年齢的にこの歳で打法が固まっていないのが_椎柔がある、中途半端。のどちらであるかは解釈が分かれるところだ。ただ本人は手ごたえを感じているのが救い。そしてそれがモノになれば可能性は広がる。なんといっても守備範囲は広いのである。スマートじゃなくていいので泥臭く行って欲しい。

 今までは全くタイプの違う関本選手と比較されてきた。ところが今年はタイプ的にも近いほうである平野選手や坂選手とも競争することになる。守備が互角であるとするならば(坂選手は少し後れをとるか?)打てるほうを使うだろう。そして走れるほうを使うだろう。藤本選手は昨年の盗塁数はなんと!ゼロ!!これは知らなかった。そりゃ走らないとな。存在価値を周りに知らしめないとな。

 次々と新しい顔が入ってくる。当然そうなると押し出される人たちもいる。そうなってしまわないように是非、長所を伸ばして短所を克服して欲しいものだ。
| タテジマに想いを | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/171234