10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 久保田投手の先発を少し考えてみる | main | 背番号から見える役割 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

選手が大人に見えるとき
 年俸交渉といえば今の時期は連日報道されている。 

 その交渉。例えば江草投手とか久保田投手などは20代後半になるかな?って選手。その年齢で自分の年俸交渉をすることは実は凄いことだと思うのだ。

 実際には自分で「俺ってこのくらいもらえるのかな?」なんて思って望んでいる選手もいるのだろうが、きっと交渉の場ってものは、相手は交渉のプロのような人がいて、その人を相手に自分で交渉するんだろう。

 しかもその相手というのが肩書きでは部長とかなんでしょ?俺が20代後半に入ろうとするときに、1人で人事や経理の部長相手に1人で自分の給料の交渉が出来るか?といわれたら、そりゃぁ代理人じゃないけど誰か知識のある人と同席したいともうものだ。

 スーツ姿もいいのだが、そのスーツ姿で1人の社会人として交渉に臨むってのは凄いことだし、その結果を逃げずに会見することも凄いと思う。

 江草投手は今回の交渉で自分の想定額からは大きく離れていたこともあり感情的になってしまったようだ。それを球児投手に反省の電話を入れたということだが、それも年齢的には理解できることであると思う。それを繰り返すことが社会人としての成長であると思うからだ。

 子供の頃からずっと選手が凄く大人に見えた。自分が選手よりも年上になっても何故か選手の方が年上に見える。

 そう、子供のというのはこういう姿も見ているんだと思う。プロ野球選手の契約金額に驚き、グランドの姿に憧れ、そしてこういったシーズンオフの姿にも憧れを抱く。

 ちょっとだけ感情的になってしまったけど、すぐに冷静になれるところは大人である。

 金額の大きさもある。でも自分1人でその金額を交渉するという事実は、俺のようなファンが想像するよりもきっと物凄く気合の入る凄いことなんだろうなぁ・・・・・って思う。
| タテジマに想いを | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) |
連日のコメント投稿失礼します。
TVの中のアイドルたちがいつの間にか年下になり
高校球児たちがいつの間にか年下になり
プロ野球選手もほとんどが年下になり・・・
しかしこの最後の「プロ野球選手」ってのは
たけさんのおっしゃるとおり、
なぜか年上に見えてしまうんですよね。不思議。
中にはアカ○ツくんくらいチャラけてる子もいますけど(笑)
あれだけ感動のプレーを見せてくれる人って
やっぱり別世界の人種なんだなーって。
今でもすっごく大人に見えますね。特にグラウンドでは。

一流のプロ選手はプライドもありますからね
頑張って交渉して、結果をバネに活躍してほしいです。
| とらうびこ | 2007/12/08 7:38 AM |

とらうびこさん
 いえいえ、コメントありがとうございます。
 最近の子供たちがプロの選手をどのような存在としてみているかは分かりませんが、それでも特別な存在であることは変わりないんじゃないかなぁ?と思います。静岡はサッカーが盛んなので、その程度がつかめないんですよ。
 おっしゃるとおり、彼らは別世界の存在ですね。赤松選手も違う意味で別世界です。
 とにかくこの契約交渉の場で、選手自身の成長もあるでしょうから楽しみです。
 個人的には推定年俸よりも実際の年俸は高いはず!なんて思ってるんですけどね。
| たけ | 2007/12/08 6:49 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/167725