05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 勝負への想いを見た場面 | main | 次なる戦いへ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

死に物狂いで戦うということ
 わずか1イニングとはいえ讀賣は高橋尚成という先発投手を出してきた。それは残り試合の少なさを考えればここで出さなければ!この試合を落とすわけには!という総力で挑んできたということだろう。上原は出してこなかったけど。

 先発能見投手を2回で降ろし、3回から登板した江草投手が好投。この試合を落ち着けたことが大きかった。捕まりかかったけど、あの連続三振は凄かったね!!アニキの1発でリードしてさぁこのまま!と思ったところから試合が動き出した。
 呼び水。まさしく試合を動かすきっかけとなったかのようだった7回の攻防。シーツ先生の本来の姿か脅威の粘りで11球を投げさせてセンター返しを意識した打球はセカンドのグラブの少し先をかすめてライト前へ飛んでいった。勝ち越しだ!

 タイガースはいつものように後ろの3人を出す。しかし呼び水はこれで終わらなかった。讀賣も必死の反撃というか何と言うか。でもやっぱりあの重量打線は投げる方にしてみれば息を抜けないことは事実であり、その重圧と打ち取ったときの安堵感でエラーを誘ったのではないかと思う。

 またしても同点。しかしここで讀賣は上原を出さなかった。豊田がいないこともあるのかもしれない。でも勝負のかかった同点の場面で抑えの切り札を出さないで門倉を出した。

 少しだけ、いや、正確には「それでも勝てる!」と思っていたタイガースファンで埋め尽くされた甲子園を「勝てる!」雰囲気に変えていったのはこの交代ではなかったか。

 今季絶好調の野口さんの2ベースは勝利への呼び水であったと同時に試合を確実にタイガースが握るための確認作業のようであった。あとは得点するだけ。そしてその得点を静かに確実にあげるだけだった。

 お立ち台には野口さん。ドラゴンズが負けたと聞いたときに拍手をしちゃったりしてテレながらも実にカッコよく渋く決めてくれた。

 野口さんは言った。「死に物狂いで・・・」と。その死に物狂いが今のタイガースの日常である。それは清冽さと同時に切なさも持ち合わせた散り行く桜のような気持ちと言って良いのだろうか?しかしタイガースの桜は散りながらも次々と新たな蕾を膨らませ、華を途切れさせずに彩りを見せている。

 当たり前のように死に物狂いで戦うチームがここにある。讀賣は総力であったようでそうでもなかったような微妙な空気のなかで試合をしているように見える。その違いが僅かであったとしても、ここ数試合の直接対決の結果となっているのではないだろうか。

 確かに讀賣も自分の出せる力を出しているのだろう。でもタイガースは自分自身をぶつけに行っているのである。死に物狂いとはそういうことなんだ。

 野口さんが語気を強めて言った「絶対に優勝」。それはチームとファンとの約束。そしてお互いに疑うことなくそうなるものと信じきっている信頼という名の関係。だからタイガースは負けない。その負けないことに感謝と感動を覚えながらもそうなると信じていたら本当にそうなったことに心地よさを感じる夜であった。

追記:このブログ、いくつかのカテゴリで構成していますが、先日の記事で通算1,500記事を通過しました。ありがとうございます。2年ぶりに優勝記事、書きたいなぁ。
| タテジマに想いを | 22:53 | comments(6) | trackbacks(2) |
たけさん通算1,500記事おめでとうございます!すごい記録です!さすがです!たけさんの記事は、記憶に残る記事が多いですが、とうとう記録も残しましたね!(笑) 後は優勝記事!! たのんます!
| KINJO | 2007/09/19 12:25 AM |

KINJOさん
 おかげさまで1,500を超えることが出来ました。観戦日などは携帯から複数・・・なんですけどね。
 2年前は、まさか優勝記事が書けるなんて・・・と信じられない気持ちでしたが、今年はまた別の気持ちがありますね。
| たけ | 2007/09/19 6:31 AM |

たけさん♪1500記事おめでとうございます。
矢野さんの1500試合翌日に1500記事なんですね♪
毎日、たけさんの暖かい記事に癒されています。これからも楽しませてくださいね〜

優勝記事・・・考えただけで胸が熱く、震えてきます。

| sorako | 2007/09/19 7:30 AM |

sorakoさん
 ありがとうございます。
 試合中の画像UPも含めて1500なんですけど、毎日書くことで金本選手の偉大さの何万分の1を、矢野さんの1500試合の偉大さを感じました。
 今年は沢山感動することが多くて心地よい疲れもあるのですが、最後まで!優勝記事まで!!頑張りますので、これからもお時間があるときで結構ですのでごらん下さいね。
| たけ | 2007/09/19 9:26 PM |

祝辞遅れて申し訳ありません(汗)
改めて、1,500本安打(違)おめでとうございます。
あ、毎日欠かさずの更新でしたら1,500イニング連続ですか。
勝っても負けてもたけさんのところにお邪魔すれば
いつも力が湧いたり癒されたりするんですよ。
これからも一本一本を楽しみに愛読させていただきますね。
ご無理のない範囲でご執筆なされますよう。
優勝記事・・・ワクワクしますね。
優勝したあかつきには真っ先にたけさんの記事に飛びますよ!!
絶対優勝!今はこれだけですね。
| とらうびこ | 2007/09/20 8:23 AM |

とらうびこさん
 ありがとうございます。
 1500安打というよりは、自分では1500ベンチスタートといった感じで、これはこれで地味で貴重な記録ではないかと思っております。
 最近は勝っても負けてもヤケになっても・・・・・です。
 あ、神宮にいらっしゃるんですね?ぜひとも愛しのオスギに声援をお願いします。
 もしかしたらシーズンオフには10日ほど休暇を頂くかもしれませんが、そういうときはインチキと言われようとも事前に記事を10日分上げてから休みます。えぇ、こうなりゃこっちも意地ってもんですよね。
 優勝記事、2年前のような張り切った感じではなく落ち着いた(自称)感じで書くつもりです。でもきっと書いているうちに自分で勝手に盛り上がった文章になることは言うまでもありません。
 そう!おっしゃるとおり今は優勝しかありません!!そして欲を言うなら自分が観戦する試合で!!なんですけどねぇ。
| たけ | 2007/09/21 12:08 AM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/158798
死闘の果てに首位キープ
 9月18日、阪神vs.読売戦。  阪神先発の能見は立ち上がりがピリッとしない。初回、いきなり1点を 先制されてしまう。  しかしその裏、鳥谷、赤星が連続ヒット、シーツが四球を選んで無死 満塁のチャンスとなる。ここで金本はショートゴロに倒れるが、その間に
| 虎のおしゃべり堂 | 2007/09/18 11:52 PM |
息詰まる接戦は最後にG滅(阪神5−4巨人)
阪神5−4巨人(甲子園) 神・能見、巨・久保の立ち上がりの乱調にともに1点だけ〜 って最初からgdgdだったのを、阪神は江草を3回から3イニング、渡辺を6回の1イニング投入したこと、巨人は尚成がまさか中継ぎで出てくるのには驚きましたが、途中は締まりましたね
| あさちゃん。スポーツ | 2007/09/19 5:45 AM |