03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< それでいいんじゃねぇの? | main | あれ? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

もう1回で再出発
 交流戦ブレイクを終えて明日から公式戦が再スタートする。

 後半戦の鍵は誰が握るのか?というと攻撃陣では鳥谷選手と思うのだが、俺はやはり投手陣からその存在を求めてみたい。

 前半戦を終えて一番の計算外は安藤投手が怪我をして当番できないことと杉山投手の調子が上がってこないこと。この2つが2つとも甲乙つけ難いくらい誤算だったと思う。
 そしてもう1つ。これが後半戦の鍵だと思うのだが、福原投手の復調が実にこのチーム状態で重要であると思う。

 今年は(も?)怪我で出遅れ、1軍に来たのだが本来の内容ではない。このままでは昨年が出来すぎで今年が本来の姿だと思われてしまう。そうじゃないと思うんだけどなぁ。

 一時期のスピードボールを投げることが出来ればいいや!って内容の投球から、肩の怪我をして緩急を使って投げるようになり先発ローテへと進んできた。その成果は今までに充分出たのだろうが、それ以上を積み重ねなければ通用していかないプロの世界。緩急ということはコントロールにも細心の注意が必要で、緩い球が甘く入ったら・・・・・だよなぁ。

 そういった中で投げてきた福原投手だが、通年でローテを守ったことって・・・・・あったか?厳しい中で投げていると思う。

 今年も春先の故障で出遅れて、完治したかどうかっていうか、完治したてで出てきたら勝てなくて。確かに辛い部分はあるんだけど、本人は言っていないが負けるたびに周りが言い訳を探しているようでは悲しいじゃないか!!だから今日の記事に出た下さんのアイデアによるトレーニングでも何でもいいから結果を出してほしい。

 そういう意味では日曜日の試合は要注目。金曜日と土曜日の先発予想である下さんはこのところ安定感抜群。上園投手も3試合続けて安定している。仮にこの2人で星を落としてもそれは「そういう試合」もあるという言葉が出るのだが、福原投手の場合はそうは言ってもいられない状況になっている。

 以前俺は「振り向くな福原!」というような内容を書いた。福原投手は打たれたりすると結構表情に出るようで、センター方向を振り向いて唇をかんだり、顎が上がってしまうこともあるのだが、やはりマウンドの上にいる限りは振り向かずに悔しさもかみ締めることがあっても表に出さずに、1点取られたら2点目は絶対にやらないという気持ちで相手に挑んでほしいのだ。

 金曜日からは正念場の1ヶ月が始まる。ただでさえ気が抜けない状況なのだが、さらに気が抜けなくなる対戦相手が目白押しだ。だから書く。

 勝つぞ!勝たなきゃダメだ!絶対勝つ!勝とうぜ!阪神タイガース!! そして振り向くな、福原!!

| タテジマに想いを | 21:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
安藤投手、これは完全に誤算でしたね。
本当なら交流戦終わる頃に復帰可能って言われてましたが
今のところ目だった動きは聞きませんねw
小嶋投手、能見投手、江草投手、この左看板が
開幕早々に散って行ったのも
ホンマ痛いなんてもんじゃなかったですね。
おすぎも大撃沈やったし(泣)

福原投手もシーズン前の下馬評は高く、星勘定まで囁かれていたのに
この現状ですから厳しいはずです。
表情に余裕がないときは要注意ですね(笑)
いいテンポの中で時折混ぜるスローカーブでカウントが取れれば
気持ちもずいぶん落ち着いて投げられるんでしょうけどねぇ。
ホントこれからでも十分に巻き返してほしいですね。
| とらうびこ | 2007/06/29 9:46 AM |

とらうびこさん
 本当にねぇ、ポスト井川争いの候補がたくさんいたはずなんですけどいなくなってしまいましたねぇ。予定ではローテが壮絶な争いになるはずでしたね。
 やはり野球は投手っていうのは本当だなぁって思わされました。
 福原投手はマウンド上でわかりやすいくらい口の動きが読めるときがありますよ。「マジかよ・・・」とかw
 連続して結果を出せるような投手になれるはずなんですけど。。。って今日の俺のコメント、「・・・のはず」が多すぎですね^^;
| たけ | 2007/06/30 9:13 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/147948