04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< いわゆるチケット狂想曲 | main | 威力型 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ここから褌(ふんどし)締め直し
 安芸に場所を移し、キャンプが再開された。その初日の練習で金本選手と今岡選手の好調ぶりが伝えられている。

 ここまで若手野手をクローズアップする記事が多かったが、記事の扱いなどを見るとやはり若手野手とレギュラークラスの差というものを実感する。
 使わなければ育たない。それは真実だと思う。ではレギュラー組を押しのけることが出来ているかといえばそれもまた疑問。林選手はチャンスをモノにしているほうだと思う。

 岡田監督は若手起用が少ないという印象があるが、実際に見てみると使わざるを得ない状況にまで追い込む選手が少ないというのも事実かもしれない。その様子は沖縄でも濱中選手、鳥谷選手、関本選手といった1軍レギュラークラスとそうではない選手とでは打撃も守備も内容が違っていたことでも分かる。

 さて、では若い選手にチャンスが無いかといえばそうでもなく、また実力的にそんなに劣っているかといえば、劣っているというよりは現時点では届いていないという表現のほうが優しい気がしている。受け取りようによっては同じだが。

 常勝チームを作るためには若い選手が絶対に必要。他所様は若い選手を使っている印象があるが、タイガースはレギュラークラスが他を寄せ付けない実力を維持しているとも言える。実際に弱い時期は若手を使うしかなかったという面も併せ持っていた。

 今回の安芸で1軍に初参加するルーキーの清水捕手、大城選手の場合、プロ経験が数ヶ月であるので今はまだ1軍の本当の味を知らない時期だと思う。そこでだ!ここからが課題の始まりだ。

 実際に高卒組の野原選手、橋本捕手は金本選手の打撃練習だけで今の自分との距離の遠さを実感したと記事に書かれている。しかし大社ドラフト組は即戦力という期待もあってその差を更に早く埋め、そして上積みまで義務に近い期待をされている。

 大城選手は俊足、スイッチヒッター、マルチポジションというセールスポイントを持つ。清水捕手は特色がまだ分からないが、勝負強さと捕手としてのトータルバランスで勝負するタイプに見える。

 入団からここまでは新人ということで記事になりやすかった。でも今度は結果で記事にならなければいけない。

 本人たちは微塵も思っていないだろうが、1軍キャンプに呼ばれたことを取り上げられるのはここまで。ここらでいっちょ、褌締め直してかからないと満員の甲子園でコールされる存在にはなり得ない。

 越中でもなんでもいいから、しっかりと落ちないように褌締めて、オープン戦の後半でも出場できるような存在になれ。それは即ち開幕1軍登録がグッと近づくことにもなるのだ。
| タテジマに想いを | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/130985