03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 雑感と順位予想と | main | 【他球団】 ラミレスがホームランを打ってベンチに戻るときのネタを勝手に考える会 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

大発会なわけはない
 証券取引所では大発会が行われるであろう今日、俺の職場では仕事始めということで普通に業務が始まった。

 正月ボケしているかと思ったら、正月ボケしているのは問題のある上司2人だけで、あとは普通に仕事をしていた。そういう点では早く3月が終わってもらいたいものだと真剣に思っている。だって2人ともいなくなりそうだし。

 ま、そんな感じで始まった今日、通勤途中では振袖で仕事に向かう人もいたりして、そういう人には思わず墨で顔に落書きしてやりたくなるのだが普通に仕事に向かった。
 プロ野球選手はといえば、野原選手も正月始動ということで練習をはじめている。

 さて、そんななか、野原選手への地元からの期待が相当大きいように書いてある

 1軍に昇格してからならまだしも、入団だけで後援会ができる勢いだとか。ドラ1という有望選手であるが、まだプロでの実績は皆無な選手。ここまでの報道では浮ついたところは見受けられないが、人気球団に入団するとはいえ、街じゅうにのぼりを立てたり、垂れ幕を飾ったりは控えめにしたほうがよろしいのではないかと思う。

 要らぬプレッシャーになってもいけないが、プロの世界に飛び込める選手も少なければ、そのプロの世界で結果を出す選手は更に少なく、名前を残す選手はもっと少ない。俺の地元でも高校生時代は騒がれてもプロに入った途端に名前を聞かなくなった選手だっている。決して野原選手が消えて行く選手であると書いているのではない。プロの世界への入団がゴールではないと言う意味で書いている。

 プロ選手として騒がれるのは良いことかも知れないが、期待というものはどんどん大きくなってしまう。特に個人的な期待ではなく、地元といった組織的な勢いの期待というものは加速度が止まらないくらいに膨らんで行く。だから少しでも期待にそぐわないことになったときの反動が大きいと思うのだ。この集団心理は怖い。下手すると自分の手柄でもないのに野原選手がタイガースに入団したことを自慢し始める人も出てくる。

 期待するのは良いこと。応援するのも良いこと。でも「される側」に立った方法でというのが前提。期待が選手を苦しめてはいけない。そして地元の選手として応援するなら、成績がどうであろうとしっかり応援してあげて欲しい。

 良いときに好きなように応援することは誰でもできる。でも苦しんでいる時にどれだけ信じて応援できるか。それも目立って応援するのではなく、巨人の星で言ったら姉ちゃんみたいに木の陰からそっと見守れるか。

 野原選手は逸材である。だからこそ等身大の野原選手を等身大の応援で支えてあげて欲しい。体は大きくとも18歳の選手だ。

 信じて応援するというのは我慢が必要。そして難しいものである。
| タテジマに想いを | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/125105