12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
RECENT ENTRIES

ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

左右気にせず
 代打の切り札。現在のチームでは桧山さんが一番に挙げられる。

 だが俺にとっては高橋光信選手だ。実に良くやってくれている。さすがはプロ入り時は読売の高橋ヨシノブと肩を並べるとまで言われた男だ。

 桧山さんの場合、なんか今でも普通にライトも出来そうな感じがするのだが、光信選手は代打一本!という姿が美しい。

 今年は新井選手の怪我などもありファーストで気迫溢れるプレーでチームを鼓舞してくれたが、やはり代打で出てくる光信選手の姿は本当に美しいのだ。

 テレビでも語っていたが、子供の頃から右投手と対戦してきたことのほうが多いから、右投手相手のほうが得意。とのこと。

 岡田監督は左投手相手に主に出場させたが、これは左も打てるようにならんとこの先(さき)生きて行かれへん!という気持ちもあったのではないか。実際に左相手にも臆することなく成績を重ねて行った。

 恩返し。光信選手は必ずと言っていいほどこの言葉を使う。ドラゴンズを自由契約にされてタイガースに拾われた。ファンは決して「拾った」なんて思ってないのに、好打者が来てくれたって思っているのに光信選手は“恩返し”という言葉を使い続ける。

 “恩返し”・・・・・それは感謝を誓うことだ。恩返しするために、読売にも中日相手にも活躍を誓ってくれた。

 控えめな選手だと思う。でも存在まで控えめにすることは無い。右の代打は光信選手が第一人者。それは来年も変わらない。

 腰の様子を見ながらの起用になるので、スタメンになるにしても多くのイニング出場は難しい。でも1打席だけでも、短い時間だけでもいいじゃないか。短い時間だけだからこそ強烈な光を放つものだってあるのだ。その光の残像が強ければ強いほど、また次に見せてくれる光が輝くのだ。
| タテジマに想いを | 21:57 | comments(2) | - |