03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 味が違うぜ!! | main | 2つの諺 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

当然の帰結じゃないの?
 塁に出ろ!走れ!! それはタイガースでは赤星選手に課せられた命題のようなものだ。

 先頭打者として粘ってでもなんでもいいから塁に出て、投手にプレッシャーを与え打者有利に導く。その役割の大きさが今日のデイリーのサイトに掲載されている。

 タイガースの応援では、1回の先頭打者は「突撃!突撃!」から入ることが多い。

 『突撃』

 言葉としてイメージできる選手が何人いるか?その昔の真弓選手は長打力と俊足で突撃した。まぁ、そのころから最初から「突撃」だったかどうか知らないけどね。

 暗黒時代と言われた時期は、俊足の大野選手あたりが突撃していた。打率は低めだったが。

 そして2003年は今岡選手が真弓選手のように抜群の打率で突撃していた。この年は首位打者。

 翌年からは赤星選手がその役割を担った。今までの誰よりも俊足で、打率だって高打率を誇る。突撃のイメージが変わっているかもしれない。

 たった1人の突撃ではなく、チーム自体が一丸となり突っ走るきっかけを作るような勢い作り。その役割は、やっぱり赤星選手だと思う。

 鳥谷選手も素晴らしい選手になってきている。でもやはり、今の時点では先頭は赤星選手。鳥谷選手はそのあとに何でもできるタイプとしていてくれればチームに重みが出る。

 今年もスタンドでは「突撃」コールが起こる。様々なコールで俺はこの「突撃」コールが一番好きだ。「KO!KO!」コールは2番目に好きだ。
だから大好きな今岡選手に「突撃」コールができるときは幸せだった。でも今の赤星選手へ「突撃」コールができることには違う幸せを感じている。

 人事異動したから仕事面でのスケジュールがつかめず、どうなるか分かったもんじゃないが、それでもスタジアムで突撃コールができることを本当に楽しみにしている。

| タテジマに想いを | 21:28 | comments(2) | trackbacks(0) |
2003年の
「突撃、突撃、今岡。燃える闘魂〜この一振りに〜♪」
この入り方大好きでした。

今となれば懐かしいですね。もう一度やりたい。
| おかやん | 2006/03/30 6:46 AM |

おかやん
 俺もです。今岡選手が先頭打者だと「何かやってくれるはず!」という期待が大きくてとてもワクワクしましたね。
 あのHMといい、2003年は本当に素晴らしい応援だったと今でも思っています。
| たけ | 2006/03/30 10:23 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/80021