04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 打つわ打つわ、打たれるわ・・・・・ | main | 干天の慈雨を >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

金澤浮上中?
背が高い、手足が長い、スピードもそれなりにあり、球種も意外に豊富、コントロールも平均。これって暗黒時代のエースだった藪さんのことではない。現在、中継ぎが徐々にふるいにかけられる中で生き残っている感じの金澤投手のことだ。

 社会人時代、所属していたチームの廃部に伴いドラフト対象選手となりタイガースが指名。そのまま社会人1年だけで入団しているのでまだ若い。2004年はローテの谷間で粘り強く投げたように先発もできれば今のように中継ぎもできる。

 本人の欲がどこにあるのかわからないのでどういったポジションを目指すのかもわからず、首脳陣もどう使いたいのか伝わってこないという点で、思い入れの持ちにくい投手だなぁって思ってみている。

 桟原投手がピリッとしない、ハシケンはファームに行ってしまった。現時点では消去法で残ったイメージすらあるが、投球内容を見ればそうでもないような気もしている。

 今日のオープン戦。放送を録画し忘れたので数字だけで見るのだが、2イニングを20球と少し。無難に抑えたような印象がある。相手が下位打線であろうと上位打線であろうと少ない球数でキッチリ抑えてくれれば攻撃のリズムも出るだろう。故障で活躍の場が無かった分を取り戻すのは今年だ。

 幸いにもトレード候補とか言う時にも金澤投手の名前は出ない。おそらく他球団に行けばローテーション投手。

 昨年の開幕前、杉山直久投手の活躍の予想はしにくかった。JFKとかSHEとかいう言葉も無かった。正直言ってアルファベット3文字は見飽きたから金澤投手の一本立ちを見るのもいいかもしれない。っていうか、見せろ。

 静かに静かに、密かに密かに、金澤投手がやって来ているのかもしれない。

| タテジマに想いを | 21:34 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/77806
3月15日 今季オープン戦で初めての零封負け 〜 西武3vs0阪神 〜
 123456789計阪神0000000000西武0002100003 勝利投手: 涌井 セーブ : 小野寺 敗戦投手: 江草 今日の感想今日はインボイスで西武とでしたね。オープン戦12戦目にしてはじめての完封負けになりました。江草はここまで3試合無
| 〜浜風に乗って(阪神タイガース応援BLOG 2006!)〜 | 2006/03/15 10:21 PM |