03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 口をきくばかりが仲良しではない | main | 一芸への甘い誘惑 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

記憶の中の選手に拍手
 野球殿堂入りの方が発表・表彰された。川島氏はコミッショナーだったという記憶。豊田泰光氏は週刊ベースボールで連載している方という記憶がある。

 選手としての実績・業績で表彰を受けた選手の3氏には何とも言えない想い出がある。

 高木守道さんには、現役選手としても監督としてもご活躍されたと記憶している。あの時代の中日。狭い・・・といっても、当時の球場は狭い球場ばかりだが・・・ナゴヤ球場で活躍されていた選手。現役時代のチームメイトには木俣さんとか星野SDとかいたんだよね?テレビで観るのは巨人戦しかなかったけど、子供の頃は中継の中で「各地の途中経過です。」というのでタイガースの試合経過を観たいがために仕方なく読売戦を見ていた。なので自然に中日の試合も見ていたわけだ。なので覚えているけど、当時はわからなかったけど、きっと選手生活の晩年を俺は観ていたんだと思う。

 山田久志さん。なんといってもアンダースローの凄い人。子供の頃、裏の公園で友達と野球をやるときにアンダースローの真似事をしたけど、それは山田さんをイメージしていた。あの強すぎて客が入らないと言われた阪急ブレーブスの大エース。考えてみりゃあの頃の阪急が弱いはずが無い。山田さん、佐藤義則さん、足立さん、福本豊さん、蓑田さん、マルカーノ選手もいたよね?そりゃ強いわ。日本シリーズでは読売を手玉に取ったけどなぁ。

 山田さんで忘れられないエピソードと言えば、田淵さんの引退試合がある。

 田淵さんの自伝か何かで読んだんだけど(出典不明の俺の記憶で申し訳無い)、田淵さんの現役最後か、現役最後の山田さんとの対決の打席で、山田さんがマウンドから「おい、ストレートや。」と田淵さんに球種を教えて投げたそうだ。つまり「最後もお前らしいホームランを打てよ。」ということらしい。

 そして投げられたストレートを田淵さんは打つんだけど、打球はスタンドには入らなかった。そんな話を田淵さんが語っておられたと記憶している。

 門田博光さん。いま一番名前を聞くのはタイガース戦の解説のとき。

 よく一緒に解説をされている方(世界の盗塁王、熱血タイガース党の党首)のように「タコヤキ・・・」とか「ビュッと行って、ビャッとやらな・・・」とか言わないけれど、ほのぼのとした語り口で打者心理を教えてくれている。

 南海ホークスを愛し、ホークスがダイエーに身売りされ、福岡に移転する時は関西に残りオリックスへ入団なさった(よね?)し、野球が好きでホークスのユニフォームも着た。

 不惑の40代と評された活躍も見せた選手。とにかくホームランにこだわった選手。そして打ちまくったホームラン。凄いなぁって思うのは、現役時代に対戦した投手の顔ぶれ。まぁ、あの時代のパ・リーグの打者はみんなそういった投手と対戦しているんだけど、前述した山田さん、太平洋クラブやクラウンライター、西武とライオンズ一筋の東尾さん、ロッテの村田さん、近鉄の鈴木さんなど、各球団に1人はいた名球会入りする大エースが相手だったんだから。

 今でも残念なのは、こういった名選手がプレーした球場でプロ野球の公式戦観戦できなかったこと。大阪球場、日生球場、藤井寺球場、西宮球場・・・・・既に無くなった球場もあるし、プロが1軍公式戦で使用しなくなった球場もある。それでも覚えているのは、小学生の頃に朝、再放送をやっていたプロ野球ニュースで観たシーン。今よりは明るくないと思われる照明の中、お客さんも少ない中、プレーする姿、そして聞こえてくる名前。こればかりは忘れることは無い。

 殿堂入りしたみなさん、本当におめでとうございました。

| タテジマに想いを | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/68409