12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< コブシを握れ | main | ロザリオにくちづけを >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

大人のダンス
 『相手がワルツならワルツを、ジルバならジルバを踊る』という名言を吐いたニック・ボック・ウィンクルというアメリカの名レスラーがいたが、今日の藪さんはまさにそんな感じの投球だったと思う。

 どんな感じかっていえば、相手がやろうとしている攻撃にそこそこ付き合う素振りを見せながら結局は自分のペースで進めてしまう。そんな感じがした。8回0/3で1失点、お見事としか言いようがない。投球のリズムもいいから打線もリズムに乗って援護が出来る。

 今のタイガースは盤石ではないけれど崩れない試合が出来る、つまり大人の試合が出来ている。これが出来ているのは首位の中日くらいなものだ(パ・リーグは試合を見ていないので除く)。

 昨日のコメントでのぶさんも書いてくれたけど、今岡選手が全力で走れるようになった。でも、今日、誰よりも全力で走っていたのは送りバントのときの藪さんだった。投手が送りバントをしっかり決める。これがどんなに試合のリズムを作っていけるか、他の投手と一部の野手も勉強しないとね。

 そんな藪さんが全力疾走だから、他の選手も全力で走る!!秀太選手は3塁ベースを回ったときにややコケ気味になるくらいだった。

 印象に残ったのは赤星選手。初回の打席で、悪いことに浅い外野フライを打ち上げてしまう。今年何回も見た風景。ベンチに戻り、座りながらスイングを確認する作業を行っていた。そして次の打席で転がすことは出来たが内野ゴロ、そして3打席目でついにライト前に鋭い打球を運ぶことが出来た。向上心の賜物なんだろう。顔面死球の後遺症も抜けてきたようで今後に少し期待できそうに思った。

 とにかく今日の感想は、大人の試合運びのタイガースの前に、ベイスターズが浮き足立ってしまったと言う感想。後ろに大人の大魔神がいないと困ってしまってワンワンワワン!!な状態が顕著だった。

 子供は背伸びをしがちだけど、やはり大人が本気を出したら叶わない。酒だって大人の方が美味い酒や店や飲み方を知っているように、野球だって若さだけじゃ何とも出来ない試合運びがある。

 最後のウッズのホームランは、バテた藪さんのご愛嬌。試合展開の上では気にすることは無い。

 試合後は岡田監督も選手を褒めちぎる。そうそう、普段からそういう風に選手を褒めて明るい雰囲気にしないとね、やれば出来るじゃん。叱責するのはコーチ陣に対してやってね♪

 ってことで、話をまとめると、今日の試合は
  
 藪さん、イェ〜〜〜イ!!
 
 よくわからんがそういうことだ。

8.26
| タテジマに想いを | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/5192