10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 大和、うめぇ!! | main | 苦しむ時期に >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

試合、作った?
 岩貞投手が先発登板。6回2失点という、数字の上では好投に入る投球を見せた。

 打撃陣がベイスターズ今永投手の前に沈黙。終盤のチャンスを活かすこともできず完封負けとなってしまった。

 これに尽きる!というものがあるような無いような。やはり好投手をどうやって打ち崩すのか?は今シーズンも今日まで続く課題。チーム全体でこれだけ打てないのは克服する必要あり。

 ただやはり、この試合も先発岩貞投手が初回に失点。テレビでは岩貞投手は今シーズン、初回に17失点していると放送していた。

 先発17試合で初回に17失点。今日のように2失点している試合もあるので、先発した全試合で失点というのではないけど、印象としては確かに良くない。どんな投手でも立ち上がりは難しいのだろうけど、岩貞投手の場合は慎重に入れば四球でランナー出して・・・・・という印象。思い切りいけばパッカーン!という印象もある。あくまでも印象の話。

 今シーズンはバッテリーを坂本選手と組んだり梅野選手と組んだり、“女房役”が替わるのだが、この結果では誰と組んでも初回に失点という印象になる。

 試合作った?と聞かれると非常に辛い結果に。同じ6回2失点でも、立ち上がりはしっかり抑えて、試合の中で2失点であれば作ったと言えるのかもしれないけど、味方が1回も攻撃しないうちに2失点では最初から0−2でスタートするようなもの。チームの空気、場を作るという先発の大事な役割を果たしたとはいえない結果に。

 完封されたとはいえ、今年はそこまで打撃が悪くないはず。何が何でも味方が先制するまでは相手に先制点を与えない!という投球をしていれば援護は受けられる打線のはず。

 試合、作った?と聞かれたら、俺なら「作っていない。」と答える。このシーズン終盤という時期ではそんな答えになるんじゃないだろうか。

 これで岩貞投手は今季10敗目。この数字をひっくり返すにはどうすればいいのか?そりゃやっぱり立ち上がりでしょ?と思うのだが。




| タテジマに想いを | 23:06 | - | - |