06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ナイス10連打! | main | 的中と不発と >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

四球は反省
人気ブログランキングへ


 試合後の金本監督の談話では、「味方打線の大量援護による攻撃時間が長いことで青柳投手のリズムが崩れたという感じ、これも経験。」という感じのコメントがあった。

 確かに今シーズン、1イニングにこれほどの点が入るイニングが続くことは無かったので不慣れな面が出てしまったと思うのだが、それにしても四球が続くのは次は絶対に修正してほしいものだ。

 続いたバレンティン選手に対して安藤投手が三振という結果で立ち向かったのだが、次の打者に押し出しの四球。でもこの打席、カウント1−2か2−2から投げたシュートは抜群だった。あれをボールにするんだったらどんだけど真ん中に投げればストライクになるんだ?ということだ。

 しかしそれにしても今日もよく点を取った試合になった。このヤクルト3連戦で思うのは、やはりホームランが出ると強いわ。

 今シーズン、ホームラン数が本当に少なくて、チームとしても相手との闘いとチーム打撃との我慢比べのような時期になっていたのがこの1ヶ月くらい。この3連戦でなんとか打撃の底を選手たちが脱してくれればよいのだが。 

 この大量点の試合にあって決まったスクイズ。小技もしっかり絡めて点を獲りに行けたのはとてもよかった。

 5番という重要な打順でしかもキャッチャー。1軍経験も浅いので・・・という理由を原口選手に対しては探さないほうがいいかもしれない。

 青柳投手の連続四球の際に、無理にクイックで投げさせなくてもイイよ!ってのをテレビ解説でも言われていたが、こうしたことの声掛けはこれからしっかりできるように。でも、このことだって明日になれば本人が報道やコーチからのコメントで気づくこと。

 今日も完投は無理でも近いところまで行ければ中継ぎ投手の負担は少なく済んだ試合だったのだが、青柳投手の勝ちは勝ち。だから次は今日の試合の借りを返すかのような投球で中継ぎ投手陣を休ませられるように。

 4連勝。今季初?とにかく良かった。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。
| タテジマに想いを | 14:28 | - | - |