03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< アジャストできず!高松ファイブアローズ(バスケの話) | main | 紅白戦2試合目 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

庄司ACで戦った!高松ファイブアローズ(バスケの話)
人気ブログランキングへ



 昨日の大差の試合を経た今日の試合。ウェスタンで順位を2位に挙げた島根の強さを見せられた昨日を経て、今日はどう戦うのか?に注目が集まった試合でした。

 結論から言えば、昨日と全然違う面を見せた試合でもあります。

 1QTの入りから高松が見せたのはディフェンスの猛攻です。島根のパスコースを塞ぐことでいきなり9−0と走ります。

 今日のPGはJ。昨日あれだけボール運びに鈴木、貝沼の両選手が苦労したことを思えば、本職ではないとはいえJに託すのはやむを得ないことです。このあたりの切り替えの速さは庄司ACの策でしょう。

 反面、Jを出すということで外国人選手のマッチアップでミスマッチが出てしまい、インサイドで特に不利になってしまう面も否定できません。

 しかしJの良いところは必ず詰めていること。特に味方のイージーレイアップでも必ず後ろを走ってフォローしています。なので、オフェンスリバウンドでの貢献も大きいのです。

 ディフェンスは1ON1を基本とし、特に高田選手が積極的にダブルチームを仕掛けます。フリーの選手にボールが渡っても、素早く戻り、フリーを許しません。こうしたベテランの貢献が大きかった試合でもあります。

 この試合でも苦労したのはディフェンス。これは今さらなのですが、シーズン開幕当初から1ON1ばかりやってきたため、今のメンバーでやるゾーンディフェンスの練習時間がほとんど無かったのではないでしょうか?本来であれば、1ON1とゾーンを組み合わせてやれれば良いのですが、今年のメンバーでやるゾーンディフェンスの練習が今まで出来ていなかったのでは?そう思えるディフェンスでした。これを埋めるには練習時間をどれだけ確保できるか?なのですが、本来であればシーズン前にやっておいてプレシーズンで試すことを今やらざるを得ないという苦しいチーム事情があると思っています。この辺は昨日も書いたとおりです。(ゾーンディフェンスやってたらごめんなさい。)

 早急に克服したい点を挙げれば、フリーの状態で放つシュートの精度を上げるということ。特にシューターという位置づけの選手は早急にこれを改善しなければなりません。ここを外すと勢いが来ませんので。それとフリースローは毎度のことで。

 リバウンドで圧倒された試合でもあります。この辺はサイズだけでは無くてチームでどこまで捕りに行けるか?も含みます。そうした意味でもディフェンスの構築を図りたいのですが。

 それにしても、拮抗した試合となっている場面もあったのですが、審判のジャッジは本当に統一リーグを前に質を向上させる必要があります。今日は24秒経過する場面でシュートがリングに当たっていないのにも関わらず、これを見逃すという場面もありました。審判もゲームを作る大切な役割を担っているのですから。

 プレイオフに向けてチームが完成しつつあるチームと、やっとこれからチーム作りを始めることが出来そうな状態になったチームの差がこれほどまでに大きいことを知った試合でもあります。 

 これで今シーズンのVS島根は終わり。来シーズンからはBリーグ2部で対戦することになります。今度こそ、せめてスタートラインは同じ状態で戦い始めたいものですね。

 終わってみれば昨日以上の差で敗戦。徐々に点差を広げられるという試合でした。高松がやりたいバスケを40分間継続できるだけの武器を磨きたいですし、やはり得点が50点台では勝てません。やることが山積しているチームですが、翼選手がルーズボールを追いかけてコート外に出たときに、真っ先に駆け寄ろうとした庄司ACを中心に、もう1度今からチームを作ってほしいと思います。


人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 15:24 | comments(0) | - |