04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 腹決め?! | main | 評価されて良かった >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

意外性といっては失礼か?
人気ブログランキングへ


 鳴尾浜で行われていたファームの秋季キャンプのMVPは清水捕手だった。

 思えばこのあたりのキャリアを持つ捕手がタイガースには3人いる。岡選手、小宮山選手、そして清水選手。これに小豆畑選手を加えるかどうかは意見が分かれるかもしれないけど。

 この3捕手に共通している現状は、1軍出場数が一向に増えないこと。ということは年齢を重ねるほどにチャンスも減るだろうし、そうなると翌シーズンの契約にも大きな影響が。そして・・・・・ってことも現実味を帯びてくる。

 中でも清水選手はバランス型というかそんな印象がある。バランスは取れているけど突出した武器といえば何だろう?一芸じゃないけど他の選手を凌駕する、「清水選手といえばコレだ!」がすぐに思い浮かばなくて申し訳ない。

 でも今秋季キャンプが認められ、打撃向上に意欲的に取り組めたことを掛布2軍監督が認めている。この秋季キャンプMVPが来春季キャンプに直結するのか?といわれると、それは必ずしもイコールではないと思う。鶴岡選手がベテランということでマイペース調整が認められれば分らないけど、あとは梅野選手の可能性が高そう。ドラフト2位で大卒捕手を指名しているので、そこも影響すると思うし。更には育成契約だけど注目を集めている原口選手あたりも。

 前半に書いたけど、1軍実績や入団してからの年数を考えれば3人全員が1軍の春季キャンプで過ごす可能性は低いと思う。その中で誰が生き残れるのか?現時点では清水選手が優位に立ったという認識でちょうどいいのかも。

 金本監督も重視しているオフの取り組み。MVPもらって励みになったと思う。だからこそ、ここからの更なる一歩に注目したい。



人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。
| タテジマに想いを | 22:04 | comments(0) | - |