04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ヒットは出たけれど | main | 負けんで良かったんちゃうか? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

替えるタイミング
人気ブログランキングへ


 岩田投手が4敗目。これで1勝4敗か。

 無援護といえばそれまで。0点で勝てる試合は無い。では無援護だけが原因かといえば、岩田投手の場合そうとばかりも言えないような実に微妙な感想を持った試合だった。

 それはつまり先制された場面なのだが、ボウカーを三振に切ってとって2アウト1,2塁。ここで打者は8番加治前。次は投手の内海だけに甘いとこ厳禁でカウント悪くしたら内海勝負でもOKなとこ。岡選手も外のボールを要求したけど中の高めに入ってsスパッとやられた。追いタッチなので審判からも見えない角度でタッチしたってアウトと言われる可能性は低い。ってことで、この加治前に投じた1球を見たら、そりゃ誰でも失投はするけど「ここで(失投)するかよ?!」ってことで、なんか岩田投手が好投の割には勝ちを持って来れないのは無援護や貧打だけが原因じゃない気がしてきた。

 あと気になったのは俊介選手の守備(送球)。村田のレフトフライは確かに犠牲フライになるには距離的に仕方ないんだけど、なんかあのフワッとした返球はどうなんですか?って感じのやつで、もしかしたら握り損ねたのかな?なんて感じだった。捕って投げるまでをもっと早くしたいね。練習頑張って!!今日の2失点は外野の守備力、特に送球を意識する良いきっかけになったと思う。

 でも岩田投手がせっかく1失点で頑張って抑えて好投しているのに何て勿体無い!試合を落としたのは当然、岩田投手だけの責任であるわけが無い。投手が打たれたら打者が返してやれよ!!という気持ちには当然なる。

 和田監督は1塁をブラゼル選手と城島選手の2人で回していくつもりだと思うけど、現状の2人はいずれも厳しいところを今日見せていた。

 城島選手に関してはボールが見えていないんじゃないかと思わせるくらいの三振1つ、併殺2つ。これもまさかあそこまで脚が遅いとは思わなかったけど、ボールが見えていないのか捉え損ねがひどいように見えた。最終打席の1ゴロも当てに行ってるだけなんで打ち取られてるし。そうかといえばブラゼル選手は今日もあったように高めの釣り球に簡単に引っかかって空振り。この2人の状態待ちはしばらく続くだろうけど我慢のしどころでもある。

 そこで和田監督もとっくに考えているだろうけど、関本選手の使い方に関係してくるのかな?試合途中の守備固めで見せるサードに関本選手、ファーストに新井兄さんの方を入れるラインナップをどこで使うか?というのも選択肢としては出てくるだろう。

 でも今はまだ4月。そりゃ取り返しがつかない状態といえるくらいのスタートダッシュ大失敗なら話は別だけど、144試合を戦う上で今の時期にオーダーを変える是非も含めてベンチも選手も色々と考える時期なんだと思う。そう思って俺は今年の試合を観ている。

 最後に日テレのアナウンサー(BS日テレの中継)が今日凄いことを言っていた。3回表のマートン選手のサードゴロを村田が捕れずに記録はエラー。このときそのアナウンサーは「守備には定評がある村田ですが。」と。それはどこの定評(広く世間に認められ、定着している評価)ですか?と。最初からエラーは多いから気にすんなって意味ってことで。



人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 19:02 | comments(0) | - |