04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 確約せよ | main | 復活期して >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

右の代打枠
人気ブログランキングへ


 今日の各紙では右の代打枠について触れられている。

 サンスポでは矢野さんを右の代打にしているが、他紙は光信選手にスポットを当てているところが目立つ。

 代打って1打席だけだし、打順も決まっているわけじゃないから試合の中でどれだけ準備できているかが重要。今は代打の切り札である桧山さんも代打転向当初は非常に苦労していた。それを岡田さんが辛抱強く使って、桧山さんの努力もあり代打としての存在を勝ち取ったのだ。

 矢野さんの代打ってのは面白いと思う。疲労が溜まると腰砕けになる場面が目立つが、もともと勝負強さもあるので代打適性は高いものがあると思う。

 でもいきなり切り札扱いはどうだろう?光信選手だってもともとは右投手をよく打っている選手でもあるので、別に対左投手に限定することもない。この辺のことは来季、監督も充分考慮するようなことが伝えられているので実行して欲しいのだが、起用に関しては今いる選手のモチベーションに配慮したものであって欲しいのだ。

 左打者は桧山さん、右打者は光信選手を代打の軸にしながら試合展開次第で矢野さんの起用を考える。矢野さんの存在的には終盤にとっておきたい選手だけど最初はチャンスメイク的な起用から始めておけば、意外に早く適応すると思うのだ。

 代打でベンチ入りは3人程度かと思う。そうなると葛城選手が厳しくなりそうな気もするが、1人居場所をつかめばどうしても1人の居場所が無くなる。矢野さんの代打起用は葛城選手や光信選手の存在を脅かすものになるかもしれないし、そこを生き抜くのが競争ってやつだろう。

 まぁ、俺は葛城選手よりも光信選手のほうが好みの選手なのでこんな書き方になってしまうのだが、代打且つ途中出場で守備にもつける選手が4人(矢野さん、桧山さん、光信選手、葛城選手)いるのだから起用法次第で4人が活躍できる。継投を多用するタイガースにとっては選手層の厚さがこんなところにも出ているのだ。


人気ブログランキングへ
| タテジマに想いを | 23:09 | comments(0) | - |