08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< やりたいことをやる野球 | main | ローテは固まったか? >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

オープン戦最終試合は勝利
 オープン戦最終試合はテレビ観戦。思えば昨年の今頃は開幕試合を京セラドームで観ていて横浜を3タテしたものだった。

 今日は先制点について考えてみた。

 オリックスのサードはフェルナンデス。言っちゃ悪いが打撃の良さで守備も拙さをカバーしているというイメージの選手。当然、そこは狙い目になる。そしてそれを狙った選手が赤星選手だ。

 初回の打席でファールになったが3塁方向にセーフィティー。きっとみんながやると思っていて、そして本当にやった赤星選手。やはり先頭打者はこうやって揺さぶりをかけるもんだよね。

 打ち直した打席は高いバウンドの内野安打。これも赤星選手の良さを充分に活かしたヒット。次の関本選手にすんなりと送らせる前に盗塁の仕草などでさらに揺さぶってほしかったが、負けが込んでいるチームにとっては先制点が喉から手が出るほどほしいというのが事実だろう。送った後に鳥谷選手を打席に迎える。

 あのタイムリー、良かったね。難しい球をライトに持っていったヒット。実際に狙ったのは最低でもランナーを3塁に進めるということだろうけど、徹底したライト狙いが落ちて行く球に上手くヒットした。これで先制。

 その後、5回までは毎回ヒットで攻撃したのだが、6回以降は沈黙。逆にオリックスは終盤に攻撃陣が活発になるってことで、スコアは2−1で勝ったけど、実際に差は無いということか。

 心配なのはメンチ選手と藤本選手の打撃。両者とも守備面は心配無さそうだが、打撃面では悪い結果になってしまった。特にメンチ選手にあっては打つ方を期待されて獲ったのだが、すっかり迷ってしまっているような打撃。俺としてはタイガースという大きなプレッシャーの中で闘うことも考えて、少し長い目で見てやってほしいのだが周囲がそれを許すはずがない環境下でのプレーは辛いものだと思う。出来れば夏ごろまで見てやってほしいのだが、それも許されないのかなぁ?

 投手陣のことはまた機会を改めて書くが、今日の打撃陣は先制が実に見事だった。充分にシーズン中を想定していたと思う。気になるスタメン・・・・・ライトは相変わらず不確定。でもセカンドは平野選手で良いと思うのだが。
| タテジマに想いを | 23:35 | comments(0) | - |