11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 飯を食いながら歌を聴くのか?! | main | ここからが大事 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

野口さんのFAについでだが
 以前も書いたことの繰り返しになってしまうが、野口さんがFA宣言をして、それで他球団への移籍を希望するなら生かせれば良いと思う。

 それは別にいなくてもいいってことではなくて、ここで捕手を育成しておきたいという気持ちがあるからだ。

 矢野さんが捕手をやっていて、他の選手は勉強することって年齢的には選手生活の晩年でもあると思う。

 ここからは厳しいことを書く。

 確かに今年の野口さんも若い選手を育ててくれた。昨年の上園投手、今年の岩田投手などだ。でも昨年の活躍がウソじゃないかと思うほど、今年のプレーには正直言ってがっかりさせられた。

 テレビで観ているだけじゃ分からない部分が球場にあるのだが、キャッチングが横着になってしまったこと。走塁で審判の前に自分がジャッジしたかのような走塁を繰り返し見せたこと。打撃でも昨年の活躍の面影が全く消えてしまったこと。それらを球場で観ていると、実際にはFA移籍よりも違う形でチームを出されるんじゃないか?と思ったくらいだ。

 極論を書けば、2008年の野口さんのプレーを見て勉強する部分があるのだろうか?とも思った。

 岩田投手のときにリードを任され好成績に導いたが、上園投手のときにはそれほどの好成績に導くことが出来なかった。ということは、逆に考えれば悪いなりのリードが出来なかったのか、投手の力に寄る所が大きかったのか?ということになる。

 ただ、それと野口さんの要不要が同列に論じられてはいけない。矢野さんが自分のリードで引っ張るタイプとするなら、野口さんは投手に合わせたリードをする。そんなタイプの違いもあるのだ。

 そこで思うのは、やはり野口さんが移籍を選択するなら感謝の気持ちを持って送り出したいのだ。もちろん残ってくれるのもOK。でもチームの課題からすれば来年は若い捕手を使うことが増えるだろうから、移籍を視野に入れる気持ちは良く分かるのだ。

 移籍する、仮に移籍したとしても野口さんを脅威に思うのではなく、それに代わる選手の台頭で相手に脅威を与える。この辺の選手の出現を期待したい。特に清水捕手と小宮山捕手には。狩野捕手?出てきて当然の人が出てこない現状に対しては強く奮起を望みます。
| タテジマに想いを | 22:09 | comments(0) | - |