06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 若手投手3人衆に来年は期待してみる | main | 走る人たち >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

故障
 阪神タイガースが辻本投手と森田選手の2人を育成枠に移すことを検討していると報道されている。

 両選手共に故障を抱え、リハビリなどに時間を要することが理由だそうだ。

 今年は例年に無く戦力外通告選手が少ないため、様々な意向があってのことと思うが、この両選手には来季の登録に向けて怪我の快復に努めてほしい。

 怪我と言えば他球団ながら非常に心配なのがロッテの塀内選手の頭骨骨折。当たった箇所が箇所だけに非常に心配だ。

 日頃忘れがちなのだがプロ野球選手が使用している硬球は非常に硬いものだ。

 甲子園で試合開始時に選手がスタンドに投げ込んでいるのはサイン用のボールで、捕りに行ったお客さんが怪我をしないように軟らかいボールが使用されている。

 しかし一般にプレーに用いられるボールはまるで石じゃないかと思うくらい硬い。オレも試しに軽く額に当ててみたが、軽く当てただけでも想像以上に痛かった。こんなのが頭なんかに当たった日にゃぁ、そりゃあたまらんだろうと思う。

 昔は打者のヘルメット着用が義務付けられていないことがあり、田淵さんはそれで大怪我をした。

 それ以降もヘルメットを被っていながらも頭部への死球で試合途中に打者が交代するなどのシーンを何回も目にしている。

 アニキが頭部死球を食らっても打席に入り続けているが、これは並大抵のことではないのだ。

 プロの選手の凄さを改めて感じたのは、このボールの硬さを知ったこともきっかけの1つとなっている。

 自分で注意し、防げる故障もある。しかし練習中や試合中に避けがたい事故のような故障もある。

 他球団選手であり、プレーの印象も無いのだが、千葉ロッテの塀内選手には時間がかかっても後遺症など無く無事に治ってほしいし、できることなら再びグランドに立てるようになって欲しいと願うばかりだ。
| タテジマに想いを | 21:57 | comments(0) | - |