05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 工夫に再生 | main | 先発と4番 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

徹底
 平野選手にとっては悔いが残る敗戦となったと思う。

 3回の攻撃では赤星選手が出た後に淡白に攻撃終了。5回も赤星選手が走っていても転がすことすらできずにフライアウト。そして7回の表は痛恨のフィルダースチョイス。このミスと言っても良い3つは連敗中のチームには痛すぎた。

 痛いといえば立ち上がりの安藤投手も痛かった。アレは確かにドームランっぽいが、先制点を与えることは今のチームにとっては大きな痛手となる。最初からビハインドでは攻撃的に辛いものだ。

 オリンピック期間中に3人の選手が抜けた。その抜けた選手の代わりを努めようとしてみんな一生懸命だ。特に野口さんは毎日辛い思いをしているだろう。

 その辛さが無になることは無いと思うが、俺は別に無理に代わりをしなくても良いと思うのだ。

 代わりをしても代わりになれるわけではない。俺は俺、俺の野球と俺のプレーでチームに貢献してみせる。その気持ちで良いのではないだろうか。

 ゲーム差は今日もまた1つ縮まって2位まで7となった。しかし報道等でご存知のとおり、この2連戦を1つでも勝てばマジックは再び点灯するのだ。こっちも苦しいが、あっちも苦しいのである。

 今日のタイトルは徹底と書いた。何を徹底すれば良いのだろう。それは単純に“チームで勝つ”ということで良いのではないだろうか。自分が決める、自分で決めるのではなく、とにかく後ろにつなげる。その意識の徹底である。ヒットでも四球でも出塁には変わりない。その連続で相手を追い込む野球。それが前半戦に突っ走ったタイガースの野球である。

 先発投手も悪けりゃ悪いなりに低目を徹底。外の低目を徹底。守りも走塁も基本を徹底するのだ。

 今日の林選手の全力疾走を見たか?内野ゴロでも全力疾走。その気持ちさえあればそれは強がりではなく“明日こそ!”と言えるのだ。
| タテジマに想いを | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/194141