03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< サイクルヒット未遂 | main | 今度こそ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

必死の。。。
 関本選手が矢野さんの得意?のコメントを使用中である。

 必死のパッチもそうなんだけど、「ファンの皆さんのおかげ・・・」も矢野さんがよく使う言葉。もう、それもそうなのか?!ってくらい、「ファンの皆さんの声援がボールをベースに当ててくれました!」くらい使うのだ。

 その関本選手の攻守にわたるプレーで勝った試合。きっと関本選手は6回に1塁ファールフライになってしまって追加点が取れなかったことを悔やむ気持ちも少しあると思うけど、それでも今日のような本当に限られたチャンスをモノにするんだから凄い打者になったものだと思う。

 先発の下さんは中日打線にダメージを与えた。

 立ち上がりは確かに悪かった。1回は1アウト1,3塁。2回はノーアウト満塁。この2イニングで4点行かれていてもおかしくない。でも下さんのコントロールとバルディーの好判断の送球で無失点で終えた。

 このバルディーの判断が実に良かった。高いバウンドと強い打球。まぁ、強い打球はホーム返球なんだろうけど、高いバウンドでも1失点覚悟でファーストへ送球するのではなくホームで刺すことを瞬時に選択したこと。これが実に良かったのだ。もちろん矢野さんのブロックもしっかり井端を押さえ込んで生還を許さなかった。

 この1回と2回はタイガースにとっては非常にピンチだったがドラゴンズにとっても逆に自分たちの首を絞めた。あの連続したチャンスで犠牲フライさえも打てないことは、攻撃陣にも中田にも試合の流れを手放したことが重くのしかかってきたことだろう。

 一見すると大ピンチ。しかし結果を見るとそのピンチをしっかり抜け出すだけでなく相手のピンチに変えているのだ。

 2得点であったが、前半戦終了間際ではあるが明るい兆しは出てきたのではないだろうか?新井選手と金本選手にヒットが出た。

 新井選手は復帰して最初の1本だから嬉しさよりも安心感が先に出たと思う。金本選手は独特の左中間に伸びる打球で長打にした。浜風と喧嘩して無理に引っ張ることを実行すると結果が出ない。そうではなくて金本選手らしい柔軟な対応で出たヒットだったので本当に良かったと思うのだ。

 スコアは2−0。でもその2点という数字の挙げ方に両チームの大きな違いがあった。シーズンで中日に勝ち越しを決めたことは明日が終わってから喜んでみよう。あと1つ、あと1つ勝って、五分の戦いをしているヤクルトを迎え撃とう。
| タテジマに想いを | 22:42 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/192401
今日もセッキー!そして完封リレー
 7月26日、阪神vs.中日戦。  阪神・下柳、中日・中田の先発で定刻通り試合開始。阪神では、腰を痛めて ずっとスタメンを外れていた新井が久しぶりの先発出場。逆に中日は四番の T.ウッズが不調のため、スタメンを外れた。このあたりにも、今の両チームの 勢いの差
| 虎のおしゃべり堂 | 2008/07/26 11:24 PM |