04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< キーは序盤だった | main | 勢いつくって・・・ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

五厘くん
 虎っくばっくスタジアム。今回の記事のテーマは五厘くんである。五厘くんが飛び出すのである。なに?!字が違う?!あ!ホントだ!!ベタなボケで申し訳ない。

 要はオリンピック期間中に飛び出してほしい選手を書いてみようということだ。

 「なんだ!平凡な答えをしやがって!!」と思われるだろうが、林選手だ。

 交流戦終盤でやっと帰ってきた林選手であるが、本領発揮はこれからだ。

 守備面ではまだまだどころか大幅な向上が必要なレベルであると思う。やっぱりクッションボールの処理とか、そもそもライトを超えそうな打球に突っ込むのかそれともクッション処理にするのか。その辺の判断はまだまだ磨かなきゃならない。

 年齢的にも実はもう活躍して当然という年齢になっている。金本選手と比べればそりゃあ若手に見えてしまうだろうがそういうことだ。

 何度も書いているが、林選手は形状記憶合金とでも言うべき素晴らしい修復力と、そしてそれと相反する対応力がある。状況適応力がずば抜けているのだ。この凄さは真似できないと思う。だからオリンピック期間中は林選手がバンバン打ちまくるのだ。そう!新井選手の穴を埋めるように。五輪のリンは輪じゃなくて林だ!!・・・・・度々スマン。

 え?林選手が台湾代表でオリンピックに出たら?それは困ったなぁ。誰にしよう。

 そうなったらほら!俺が期待している直久投手とか今岡選手でしょ!!

 もうね、ムカムカしていると思うんですよ。ファームでね。それはファンも一緒。「あんたらはやればできる子や〜!!」って声がもう色々なところで聞こえてると思うんですよ。でもやればできるんじゃなくて、やらなあかん!!なんですよねぇ。

 今のこの2人は思いと体のバランスが悪いと思うんです。それをどうやってつなげるかは正直わかりません。でもグランドで疑心暗鬼になっちゃいけませんよね。

 今岡選手の場合は、ヒットを打つとかホームランを打つとか考えれば考えるほど、その結果が出なかったときに疑心暗鬼になってしまうと思うんですよ。ヒットを狙っても自分で思ったようなヒットじゃなかったりしたらそれは悩みの種になってしまうんじゃないかな?そうじゃなくて、先のことも過ぎたことも置いといて1打席に集中して結果を考えないでプレーしてほしいですね。その辺の迷いを凄く感じています。

 直久投手についてはインコースを突くのとぶつけるのは違うぞ!ってところですか?いやいや、でもね、困ったら逃げずに投げりゃいいと思うんですよ。ストレートでもスライダーでもシュートでも何でもいいんで自分の一番を投げ込んじゃえばいいと思うんです。

 両選手に言えることは考え過ぎってことです。なにも考えずに、暑さも忘れるくらいのプレーをしてほしいですね。それが五輪くんだと思いますよ。期待しています。

| タテジマに想いを | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/189385