10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 帰ってきたら9回だった | main | ちぎっては投げ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

和田豊選手現役最後の試合 
 を、虎辞書なる!(スカパーだけど)でやっていたので見ました。いやぁ、懐かしい。5年前なんだよね。

 この5年前、つまり2001年は暗黒時代最後?の年。野村監督の最後の年。でもこの時点では辞任とかではなく、もう少し後に奥さんのアレで辞任するんだけど。
 で、この試合は読売の長嶋監督の最終試合でもあり、この試合を最後に原さんに道を譲る試合。なので最後には和田さんのセレモニーの前に長嶋監督に花束贈呈が行われた。おそらく最初で最後の長嶋コールが甲子園に響く。

 さてこの試合、スタメンが懐かしい。先発は井川投手。この時点で22歳!!しかも最優秀防御率を争っているんだから。負け越しているのに争っている。以下に当時のタイガースが弱かったか!!最優秀防御率投手が9勝12敗か?勝ち負けが逆でもおかしくないよなぁ。今よりも痩せているけど球速が遅くても球のキレは良くいい感じ。

 そうそう、スタメン。和田さん-赤星くん(ルーキー)-濱中選手-桧山選手-広沢選手-今岡さん-カツノリ-藤本(途中で代打上坂)-井川。懐かしいよ、藤本の背番号なんて56だもん。藪さんもいたし、弓長さんもいたぜ!今ではいない選手も大勢いた。相手チームにも松井がいるし。

 試合は見事にタイガースが5−0で勝った。サードには今岡さんが。ノムさんもやってんじゃん!でも3塁線の打球を見送るし(´Д`;) でもチャンスでタイムリーを打ってるし。

 最後の和田さんの挨拶。「入団1年目に先輩に日本一にしてもらった。その思いを後輩に味わってもらいたい。ファンに喜んでもらいたいと思ってここまでプレーしてきた。」で始まる言葉は途中で裏方さんや阪神園芸の皆さんにもお礼を述べる。長いファンなら涙が出てくること必至の言葉が続く。最後に「日本一、いや、世界一の阪神タイガースファンの皆さん・・・」という言葉も、「ファンの皆さんの声援が・・・」とお世辞のようにいる選手もいる中、飾らない本音で語ってくれる和田さんの姿が感動的だった。

 今では勝つことに慣れてしまった感のある俺たちファンだけど、当時のこういった中でタイガースファンとして優しく強くしてもらったことは動かしがたい事実。この事実は暗黒時代という忘れたい時期の中で、忘れてはいけない素敵な色あせない出来事だったと思う。
| タテジマに想いを | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/97978