06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【2本立て】 尻に火 | main | ライト争いを考えてみた >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

そりゃまぁ、そういうお手本がいるし
 岩田投手が球速差70km/hというとんでもないものに挑戦する。

 70km/h!!凄いスピード差だな。150km/hのストレートと80km/hのカーブか。

 現役時代に球速差で勝ちまくった星野さんという、ファームにはそういう点でうってつけのコーチもいるし、投球術では1軍に下さんもいる。いいお手本がいるんだから成長して欲しい。

 星野さんだったかなぁ?ある外国人選手に「日本で一番球の速さを感じた投手は?」との質問に「ホシノだ。」と言わせたスピード差の持ち主。そのためにはコントロールも特に重要なのは言うまでも無いけど、鍛えるところがあることを幸せに思って練習して欲しい。

 気になるのはファームの高橋選手。外野手登録から本格的に内野手。それもサードとして練習していくようだ。

 掛布さんや今岡選手に代表されるように、タイガースにとってもサードは「顔」が務めるポジション。そこに挑んで行く。

 高橋選手の長所といえば『肩』というイメージがある。外野からキャッチャーまでの送球がセールスポイントだったと記憶しているが、確かに今のタイガースでは外野に強烈なレギュラー陣や、それを狙う選手がゴロゴロしている反面、内野は空白地帯もある。

 内野手としての適応能力というかセンスがあるというのか、とにかく「出場させたい!」と思わせるものがあるんだろう。それは赤松くんも同じことで。

 気がつけば今岡選手も30代。次を用意しておくのもいいことだろう。決してFAで今岡選手が出て行くとかそういうことではなくて、次への準備という点でとても大事。打つ方では今岡選手は素晴らしいお手本だ。

 今年は静岡にもファームの試合が来るから、今まで以上にファームに注目して行こうと思う。

 ファーム!!高橋くん小宮山くんを見たいなぁ。
| タテジマに想いを | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/71539