09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 右の大物 | main | 2世がいるということは >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

3番濱中と書く不安
新聞各紙がタイガースを報道する上で「3番ライト濱中」というのが規定路線になっている。

 そして岡田監督も「開幕のオーダー
で1年間行けるのが理想」と言っている。

 こうやってブログを続けさせてもらっていると、(個人的にだが)書きやすい選手と書きにくい選手が出てきてしまう。もちろん書きやすさと好き嫌いは別。

 そのなかでいつもどう書いたらいいものかいつも悩むのが濱中選手だ。気持ちよく記事を書いたのは交流戦の復活のときくらいであとは難しい気持ちで書いている。

 もちろん濱中選手も好きな選手だ。復活してほしい気持ちは俺にだってある。でもそれと同じくらいの不安もある。

 本人のライトで復活したいという意欲がある。本人の意欲とは別の意志が働くことだってあると思う。それはコンバートだったり、極端な例ではトレードだったり。でも濱中選手はそういった次元とは別で、本人の意志どおりの復活を目指すことを許されている選手だと思う。それがライトというポジションでの勝負だ。

 濱中選手。個人的には純粋な長距離砲というよりは、長距離砲に近い中長距離砲というイメージ。打率も本塁打もいける、3割30本タイプと思っている。

 足だって遅いわけではない。ただ守備は不安。タイガースは外野の守備が不安な選手が多いなぁって思うのは濱中選手も含まれている。

 怪我の再発への不安も観ているこっちにはある。守備と打撃で1年間出場を続けるだけのスタミナは、1軍で1年間出場を続けた実績が無いだけにこれも不安。バッティングフォームが崩れないか?など。

 期待が大きい、もう1回怪我をしたら・・・という気持ち、そういったものがどうしても「3番濱中、決定!」と書ききれない不安としてある。

 濱中選手という3番打者が離脱したら・・・という点で、桧山選手、スペンサー選手、林選手が3番に入るかといえばそれも違うだろう。林選手には入るくらいになってほしいけど。そうなった際の代替案があるかどうかの不安がある。

 完全復活を急がずに、最初は比較的狭い球場から始めたらどうだろう?という考えさえも浮かんでくる。

 それでもやっぱり「来季への最大の補強」という濱中選手の復活はみんなが首を長くして待っている。周りに不安を与えさせないというのは濱中選手も強く肌で感じているはず。将来の4番とか、未完の大器とかいう言葉は今の濱中選手にとっては既に誉め言葉ではない。それ以上の存在だから。もちろん悲劇の選手であるわけもない。

 タイガースの外野には底抜けに明るい選手が1人はいる。新庄選手は明るかった。桧山選手も違う明るさがある。濱中選手も明るさが似合う。外野からチームを明るく照らす存在になってほしいと心から願う。

 濱中選手に対する不安な気持ちを書くのは今日の記事を最初で最後にしたい。あとは信じて待って応援するのみ。

 「3番ライト濱中。背番号5」

 このアナウンスを来シーズンは沢山聞ける。それを楽しみに待っている。

| タテジマに想いを | 21:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
>本人の意志どおりの復活を目指すことを許されている選手だと思う

そうなんですよね。
正直私も濱中選手には期待と不安で複雑な心境が入り乱れます。
ある時期は本人のためには場合によっては、DHのあるパリーグへのトレードも止む無しなのかなとも思いました。

しかしやはり濱中選手は阪神以外考えられない。
(これは桧山選手も同じなのですが)

来シーズン3番ライト濱中のコールが聞ける日を楽しみにして待ちたいと思います。
| FUZY | 2006/01/05 10:41 PM |

FUZYさん
 やはりここ数年の彼を見ていると、活躍してほしい気持ちと無事であってほしいという気持ちが交互に入り混じって複雑なものにしているんだと思います。
 今年は彼にとっては復活への序章でした。来年、その第1章が始まるように、僕も願って止みません。
| たけ | 2006/01/06 10:16 PM |










http://tatemise.tblog.jp/trackback/67414