05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 右のエースも争奪戦? | main | あのころは並んでた >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

攻撃は最大の防御か?
 シーツ先生の2番転向案とか?別にこれを不思議だとは思わない人は多いと思う。実際にそういった意見は色々な所で聞いていたし、シーツ先生ご本人も「イイデスヨ〜。」とおっしゃっているとか?
 この案の前提となるのは『3番濱中』ということ。これが実現しないとシーツ先生の2番は消滅する(よね?)。

 濱ちゃんが守るのはライト。では他の選手がライトだった場合のことも考えよう。

 桧山選手が3番だったら・・・・・スペンサー選手が3番だったら・・・・・ちょっと考え難いなぁ。林くんが3番だったら・・・・・最初はもっと自由に打てる打順で使いたいなぁ。ってことで、やはり3番は濱ちゃんじゃなければシーツ先生も2番に専念できないと思う。

 シーツ先生の2番はどうか?

 バント・・・・・突然やってくれたことが数回あった。おそらく最初からバントと決めていれば出来るに違いない。実際に広島時代に2番を打ったこともあったよね?そのときもやっていた記憶があるぞ。

 進塁打・・・・・右方向への打撃ってことにもなるんだろうけど、それなりに右へも打っていた記憶がある。下手とは思わず、上手い方のような気が。

 赤星くんの盗塁アシスト・・・・・実際はどうか知らないけど、イメージ的には初球から打つタイプには見えず、それなりに待てると思う。ただ、赤星くんもできるだけ早いカウントで走らないとね。

 でも、今年の2ベースヒットの多さを考えれば、1塁に赤星くんがいればシーツ先生の2ベースヒットの間にホームイン!なんてことは考えられることだと思う。どっちかというと、こっちを期待。

 シーツ先生は三振が多い。不調も長い方だと言う。まぁ、不調が長いとは俺個人は思わないけど印象としては長いんだろうな。そういうときはバント!かな?

 とにかく今年も「突然バント」したように、チームのために何かをしようという意識の高さは「先生」だと思う。

 3番濱中選手。昨年はクローザーに久保田くんを、5番・サードに今岡選手を、セカンドに藤本を、というように様々にチームを動かした。

 今年は守備位置の変更は無いにしても、打順の変更でチームを活性化させる。大きく目立った補強は無かった。でも打順や若手の台頭でチームを変えるのも補強と思いたい。そしてこういった『自分以外の選手を活かすため』というチーム方針にも柔軟に対応できる選手がチームにいることは凄いことだと思うし、しかもそれが外国人選手であるということは、実はタイガースはすごく恵まれていることなんだと思っている。
| タテジマに想いを | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/64440