03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【2本立て】 密かに狙おう | main | 【超長文】 Thank you for a great season. 『選手へお礼のメッセージ』 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

韋駄天赤松 突撃〜♪
 先日の記事でポジション争いについて書いたばかりだが・・・なんと赤松くんにセカンドを練習させるとか!!
 
 確かにチームとしては内野手が少ないかもしれない。鳥谷くんはショートで鉄板だし、セカンドはいつもの2人がいる。でもやはり、相手が右だから左だからで代えるのではなく、さらなる競争は必要だ。

 同じルーキーの高橋くんと同じように?とにかく使わずにいるには勿体無いものを持っているから首脳陣は何とかして出場機会を与えたいんだと思う。そしてそれがチーム内を活性化させることと期待されているのは間違いないことだ。いいじゃないですかぁ。

 チームには赤星選手という、俊足のお手本がいる。俊足といっても、スタジアムで赤星選手を見た人は「他の俊足選手」との違いに驚くことが多いと思う。

 スタートの良さ、スタートしてからトップスピードに至る速さ、トップスピードの速さ、そしてスライディングで落ちないスピード。全てを兼ね備えていると言っても過言ではないものを赤星くんは持っている。それを見ながら成長する機会を掴み取るのは実は自分自身。

 「内野を守ることは外野手としてもプラスになる。」というようなことをコメントしているが、僕もそのとおりだと思う。

 タイガースには、内野手で入団しながら外野手になり、ついでに春のキャンプではピッチャーもやったスーパースターがいた(今は北海道の背番号1)。それくらい、内野手の経験は生きるものなんだろう。打球への反応とかが変わるのかなぁ?

 「はっしれ〜!はっしれ〜!」のコールと言えば、赤星くんが1塁に出たときのコール。でも今年の終盤で赤松くんが代走で出たときにも起こったように、それだけのセールスポイントはみんなが承知している。

 塁上の赤星くんに散々神経を使った相手バッテリーが、赤松も塁に出して「おい、またかよ・・・」とウンザリする。その光景は実に愉快。甲子園の「はっしれ〜!」コールは非常に盛り上がる。
 
 他球団だが、横浜が大洋だった頃にはスーパーカートリオと呼ばれた3人(屋敷選手、加藤博一選手、高木豊選手、高橋雅選手だったことも有り)が走りまくってチームに勢いをつけた。広島東洋だって高橋慶彦選手と山崎選手、正田選手、野村選手など、上位の複数の選手が走りまくって勢いをつけた。

 ショートゴロでビビらせろ!サードゴロで焦らせろ!!相手が焦ってくれればシメたもの。せっかく同じ「赤」なんだから、カッコいいコンビ名を付けてください!って言ってるようなものだ。

 近い将来、早けりゃ来年でもいいぞ!2人で100盗塁、行ってみよう!!

追記:しかし木戸2軍監督のファーム総合コーチ。そりゃ固辞するわな。
| タテジマに想いを | 20:00 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/57081
V2への絶対条件
浜中・林・桜井出てこい、V2の絶対条件 (大阪日刊スポーツ) - goo ニュース 今シーズンベテランと呼ばれる30代後半の選手が、のきなみ自己最高記録を残すなど、活躍が目立ちましたね。 そんな中、中堅〜若手選手はどうだったのでしょうか? 確かに投手陣は、球
| 〜浜風に乗って(阪神タイガース応援BLOG Winter Version)〜 | 2005/10/31 11:09 PM |