12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 憧れと緊張と感謝 | main | 捕手バトル >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

韋駄天 萱島 突撃〜♪
 秋季キャンプで「怪童」中西太臨時打撃コーチの打撃教室が大好評のようだ。鳥谷くんだけじゃなくて関本選手も鍛えられているようだ。個人的には鳥谷くんの成長も楽しみだけど、関本選手の能力開花は凄い大事なことだと思う。だってあの体格だ、今よりも長打力が更に伸びて行って欲しい。

 関本選手本人は、大きいのを狙っちゃうと確実性が落ちると言っていたけど、彼なら確実性を維持しながら大きいのも狙える素質があると思う。今までは体力不足からスイングが狂い、確実性も落ちていたけどこれからはきっと違う姿を見ることができると思う。

 さて中西臨時コーチ、東西対抗で教え子の鳥谷選手と関本選手がいない日に、萱島選手に目を止めたらしい。萱島に「モ〜やん」中西太コーチが指名@なにわWEB俊足の萱島選手、僕は鳴尾浜で1回見た。ただそのときの印象ははっきり言って良くない。確かに足は速いのだろうが守備が悪すぎるという印象を持った。

 足が速い、瞬発力もある、でも捕球があまり良くなく、送球も今ひとつ。代走要員かなぁ?というのが正直な感想だ。

 でもファームでは先発内野手だし、打順は1番だし、和田コーチもいるし、きっと期待できる面が多いからこその起用だと思う。僕が見た日はたまたま悪かっただけかもしれない。

 「近鉄にいた小川選手のようになれ!」という注文を受けたようだ。小川選手は今でもマスターズリーグで活躍する名選手。その選手と比較されるってのは光栄なことだと僕は思う。

 シーズン終盤では外野守備も経験したようだし、とにかく今は様々な経験をして自分の生きる場所を探して生き残ってゆくこと。彼のクラスの選手はそういったアピールポイントを見つけて首脳陣にアピールする。その戦いの毎日だと思う。

 俊足!といえば赤星選手が第一人者だけど、足の速さなら萱島選手だって相当なものと聞く。以前タイガースには韋駄天の高波選手(現・西武ライオンズ)がいた。彼のヒッティングマーチの「韋駄天 高波 突撃〜♪」の後継者になれるよう、今日の記事を見て期待が膨らんだ。ちょうど文字数も言葉もピッタリな気がするし。

 ♪ セカンド サードに ホームスチール 萱島 止まらない〜 ♪  

 ちなみに高波選手は本当に止まらなかった記憶が・・・(汗)

11.4
| タテジマに想いを | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/5525