06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 出発 | main | 田村勤という男 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

クビアンの首
 さっそくダジャレのネタになりそうな「クビアン」という名前。そういうテスト生がベネズエラからやってきた。

 獲りに行く前に向こうからやってくるのはいいことで、成功を夢見てやってくるハングリーさが結構いい。

 そういえばヤクルトにも大洋にもそういう選手が今年はいたっけなぁ。中日のバルガスをその中に入れるかどうかは難しいけど。

 タイガースで右投げの外国人の抑えというと、リベラを思い出す。そう、ノムさんのときに抑えをやっていて、典型的な上半身で投げるタイプだけどけっこう良かった記憶が残っている。

 タイガースは中盤を任せられる外国人投手のリガン選手を解雇してしまった。なのでとにかく中盤に厚みを増したい。

 先発の外国人投手候補に近鉄のバーンを上げているようだけど、それでも1人は外国人枠4人はやはり投手3人、野手1人で埋めるんだろう。

 タイロン・ウッズかジョージかでは判断が分かれそうだけど、アニキを3番に置くならやはり4番を務められるウッズになるんだろうし、守備力ならジョージかもしれない。

 いずれにしてもウッズは「マネー」を言っている。ある意味、きれい事を言わない選手。だったらこっちも出来高で勝負してやる!!35歳の選手に2年で働かなくても高額のギャラを払えるものか!!カブレラじゃあるまいし・・・・・

 ってことで、ドラフトがダメでも外国人の補強もあるさ!と思った。ただし、これは今年だけ。

 しっかし、ドラフトって難しいわ。読売を見てみぃ。あんなに毎年有望株をさらっても、毎年安定しているのは最近じゃ上原くらいでしょ?木佐貫といい久保といい・・・。そういう点じゃタイガースのドラフトは・・・結局長い目で見て伸びしろがあるかどうかなのかな??
10.30
| タテジマに想いを | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/5516