01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 酒と猛虎と男と関西 | main | サヨナラに雨が降る >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

5.14観戦記
 生まれて初めてという出来事は、歳をとると共に減ってきて新鮮な気持ちも使うことが無いと出なくなってくるものだけど、今回ばかりは新鮮さを感じていた。

 5月14日からの3日間、僕は西宮市に滞在して阪神対広島の3連戦を観戦することになっていた。

 仕事を木曜日までに片付けて、静岡駅から朝の新幹線に乗る。同じ車内では掛川駅から乗ってきた修学旅行生がうるさくて眠れなくて、同じ車内にいる先生も注意しないで一緒にはしゃいでいる。一生に一度の高校の修学旅行だから仕方ないけど、マナーは守ってほしかった。

 新大阪に着いて、電車に乗り換え梅田阪神百貨店のタイガースグッズ売り場へ行く。新しいユニが出ていてとりあえず購入。いつもこんな調子だから出番の無いユニがどんどん増えてゆく。着る体は1つしかないのに。

 せっかく早く着いても鳴尾浜の試合が無いので時間つぶしに今回もネットカフェに行く。そして「ヤング島耕作」を熟読して、この歳になって社会人としての立ち居振舞いを学ぶ。(勉強になった)

 宿に荷物を置いて、いよいよ甲子園に。4月に来たばかりだけど、わずか1ヶ月見ないうちに甲子園は球場を覆う蔦が新緑の時期を迎えてさらに美しくなっていた。春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉と甲子園は季節に応じて表情を変える。それはまるで毎年生まれ変わるかのような息吹を感じさせ、生きている球場であることを実感する。建替えの噂を聞かないことも無いけれど、新しい球場にも是非蔦を植えてほしいし、天然芝で屋根の無い球場であってほしい。できればそっくりそのまま新しいものにしてほしいくらいだ。

 球場前で観戦仲間の1人と合流。思えば昨年4月18日、この方と観戦した日がその年の初観戦でしかもサヨナラ勝ち、そしてチームは優勝した。そう思えば、今年もこの方と観戦することは縁起を担ぐ意味も込めてお誘いした。タイガースが好きな気持ちがとても表れている方で一緒に観戦していて気持ちがいい。その方と今年の「ライトスタンド」の初観戦を迎えた。空は青く、暑くもない。絶好の観戦日和だ。

 チームの練習が終わり、いよいよバッテリー発表からスターティングメンバー発表へ。藪さんの登板が見れる。今年は藪さんの投げる日は打線の援護が無いが、この日も同じように援護が無い。それでも孤高のエースは投げる、投げる、投げる。試合展開も異常なほど速く進みはっきり言って何時に終わってしまうのか?と心配になる。薄暮の空になる頃にもう1人が来て全員集合。藤本選手のエラーから試合が動き出す。広島にリードされたまま試合はラッキー7のジェット風船へ。この時点で何と午後7時30分。試合開始から1時間30分しか経過していない。おぃ、ホントかよ?どうなってんだよ・・・。という感想を持つ間も無く、わずか3安打で試合が終わってしまった。しかし藪選手は自責点は2点かな?好投が報われる日が早く来てほしい。そうそう、この日驚いたのは桟原選手。内角を積極的に攻めて、当たりそうになっても怯むことなくさらに責める姿勢は好感度大。牧野選手かどちらかが先発ができれば、タイガースから消えていた横投げ(含むサブマリン)の先発投手が復活するのに。

 あ、そうそう。試合途中で広島応援団から聞いたことのあるファンファーレが・・・ん〜??これは、アニキの広島時代の・・・・栗原に流用したのかぁ!!でもこのファンファーレで燃えたのはアニキ本人?!ホームランに左中間なのに3塁打。燃えてくれました。

 宿を「試合を観てきますので、帰りが遅くなるかもしれません。」と言って出たわりには余りにも早く戻る。途中でラーメン食べて帰ったにも関わらず宿に21:30には着いていた。長い夜だったなぁ。でも、静岡では見れないサンテレビの番組を見ることができて少し嬉しかった。

 翌15日は曇り空。昼まで寝て、昼から友達と食事をする。初めてのモダン焼き、初めてのそばめし。美味い美味い。美味いし、楽しいし、良い昼ご飯を頂いた。今回の目的の1つがこのモダン焼きとそばめしだったので目的は達成できた。

 昼食後、しんさんも合流して甲子園に行く。翌日の雨予報を睨んでか先発は下さん。しんさんが行く日は下さんというジンクスは不変だった。広島はベイリー、左のピッチャーだ。試合開始直後から少しずつ雨が落ちてくる。下さんは6回4失点で降板。先制されて中押しされて、もう一押しされた。これで駄目押しされたら試合は終わってしまう。と心配するまでも無く、ラッキー7、ついにタイガース打線が反撃開始。7回にチャンスを迎え、「赤星ーー!!今岡に回せ!!」という声援が飛ぶ中、本当に今岡選手のタイムリーを含めて2点を返し、8回にはジョージの来日通算149号HRで同点!!中継投手陣も7回は牧野さんがビシッと!8回は桟原くんがビッシビシっと!抑えて、9回もリガンが抑える。でもタイガースもチャンスに決定打が出ない。雨は強くなっている。雨天中止で引き分けになるのか?流れは完全にタイガースなのに。

 そう思う中、リガンが10回のマウンドに上がる。11回は安藤が抑える。でもタイガースも広島の天野からランナーは出すが打ち崩せず同点のまま進む。そして11回が終了時点で審判団が集まる。岡田監督もベンチを出た。中止なのか?周りのみんなも僕も延長に入ってから「早く楽にしてくれ!」と何回思ったことか。すると球場の横から世界最強のグラウンドキーパー、阪神園芸の皆さんが出てくる。そしてマウンドとホームベース付近に土を撒き始めた。やる気だ!そうだ、同じ楽になるならサヨナラ勝ちで楽になろう!グランド整備の時間を利用して黄色ジャージの応援団が選手のコールを始める。ライトスタンド大合唱。選手も手を上げて応えてくれる。頼む!勝ってくれ!!勝って六甲颪を歌わせてくれ!!連敗のまま帰りたくない。

 時間はすでに午後10時を過ぎている。鳴り物を使った応援はできない。笛と声だけの神宮球場状態。手はとっくにふやけてしまった。それでも声を張り上げる。試合開始時から明日のことは頭から消えた。これ以上出ないくらいの大声で応援しつづける。12回表、ジェフが見事に抑える。押さえが不安定と言われていたけど、この日はそんなことを感じさせない見事なピッチング。久慈さんも三遊間の難しい打球をさりげなくさばく。これぞ好プレー。なにも飛びついたりするばかりがファインプレーじゃない。ついに中継と抑えで7回以降の6イニングに「0」を並べてみせた。

 12回裏、負けはあっても勝ちは無い広島は抑えの佐々岡投手をマウンドへ。関本選手、矢野選手と打ち取られ、打席には久慈選手。ベンチには八木さんと野口さんしか残っていない。そんななか、久慈さんが佐々岡投手の足と足の間を抜く、ここしかない!というヒットで出塁。そしてずっと待っていた『代打、八木!!』神様降臨。見事にレフト前ヒットで続く。2アウト1,2塁。バッターは赤星選手。さっきまで「赤星―!今岡に回せ!!」と言われていたけど、今岡選手は代走の鳥谷選手と交代してすでにベンチだ。広島の守備は前進守備。粘る赤星選手。スタンドの声援は「赤星ー!お前が決めろ!!」に変わっている。そしてついにライト前に打球が転がる。雨を吸ったグランドで打球が失速する。ライトの赤ゴジラが前進してバックホーム。クロスプレーか?どうなったんだ??しかしそんな心配は無用だった。久慈選手がホームに帰るかどうかのときにすでに1塁側ベンチから選手が飛び出していた。2アウトからの雨中の逆転勝利。勝ったんだ。言葉が出ない。心地よい脱力感が体を包む。負けそうな試合を見事に逆転して見せてくれたタイガース。ネバサレと言っていた僕だが、降っている雨のせいもあり、試合を半分近く諦めてしまったことを恥じた。監督が変わっても、一度チームに根付いた強い心は折れていなかった。

 ヒーローインタビューは赤星選手。でも、スタンドにいるみんなは知っている。今日のヒーローは八木さん、久慈さんも選ばれて然るべきだということを。

 やがて雨の中、勝利の六甲颪を大合唱。ついに歌えた。本当にうれしかった。できればその後にヒッティングマーチも歌いたかったけど、なにせ午後10時以降は鳴り物禁止なので「いいぞ!いいぞ!応援団!!」に直行してしまった。それはそれで貴重な経験だった。これで3年連続でサヨナラ勝ちに立ち会った。静岡に住んでいる僕が甲子園に行ける回数から言えば3年連続でサヨナラ勝ちが観れるなんてすごいことだと思う。

※ちなみにこの3試合の内容は、2002年は対中日戦、3試合連続サヨナラ勝ちの3試合目で、最後はレフト蔵本選手がレフト前ヒットをトンネルする。2003年は伊良部選手完投、そして桧山選手自身初のサヨナラホームラン。そして今回の試合。

 今回の宿は基本的に門限があるのでとにかく早めに宿に入らなければならない。試合後はゆっくりできず、観戦のたびに良くして下さる方たちにも本当に挨拶程度しかできなくて、とにかく宿に直行した。そして宿に入るとご主人が「おかえりなさい。良い試合でしたね。勝って良かったですね。」と声をかけてくれる。夕食も食べていないので了解を得て宿の斜め正面にある居酒屋で乾杯!居酒屋のお兄さんも「応援お疲れ様。良かったね。」と声をかけてくれる。本当は長居したかったけど宿のオヤジも玄関開けて待っていてくれるので2時間程度で帰る。でも感動的な試合の後の酒は本当に美味しかった。

 翌日は朝から雨。ファミレスで朝食を食べているときに甲子園テレフォンサービスを聞いたら中止になったとのアナウンスが流れている。ゼンゼコ主宰の『カネの子猫ちゃん☆コブシ』ニギリコブシ拳さんとその友達も加えた4人で本当は昼ご飯を食べて甲子園に行くはずだったんだけど、この雨では、、、、ということで予定変更。帰りの新幹線の時間まで、ニギリさんとしんさんと3人で遊びに行くことにした。場所はとりあえず神戸にしておいた。

 でも3人とも神戸はあまり詳しくない。とりあえず中華街へ行ってみる。店先で呼び込むお母さんの「おいしいよー。」との声につられて店内へ。3人とも炒飯を注文する。出てきた炒飯を食べ、店を出て3人が言った感想「普通の炒飯だったね。」そう、本当に普通の炒飯。気を取り直して!モザイクモールへ移動する。そこでしんさんのヤマニン魂が燃え上がり、ゲーセンで競馬ゲームを始める。ニギリさんにとっては初の競馬ゲーム。

 一番最初にメダルがなくなったのは俺。一方、ニギリさんはメダルが減るどころか増えつづける。これではいつまでたっても終わらない。ってことで、他のゲームをして終了。雨が降っているが3人で観覧車に乗る。ここでも話す内容はタイガースのことばかり。観覧車から降りたあとは3人でコンピューター手相占いにチャレンジ!!内容的には・・・・当たっているところもあるけど・・・・とまぁ占いってそういうものかな?と思った。

 しかしここでしんさんに衝撃の事実が(がーーーん)!!「じゅ、10年前と同じ内容や・・・・。」・・・・これ以上書くのはどうかと思うが、とにかく10年前と変わらない内容らしい。今も20代の若さのままってことかな?僕のほうは仕事で色々な人にかわいがられて、仕事が上手く行って出世して・・・・・と仕事の内容が大半だった。困ったなぁ、仕事が上手く行くことはいいけど中途半端に出世すると会議が多くなって休暇を取って甲子園に行けなくなるよ。俺、高卒だからはまりそうだなぁ、免職されない程度に細く長くやれればいいのに・・・・・と考えるあたりは危機感が無い男だ。 あと合っている!!と思ったのは恋愛運。タイプがはっきりしすぎているってところ。これはそのとおりだった。

 楽しい時間を過ごして、ニギリさんを元町駅まで送って、それからしんさんが少し送ってくれて帰りの電車へ。行きの新幹線は修学旅行生がうるさくてゆっくりできなかったけど、帰りの新幹線は後ろの席のお客さんの大きな、非常に大きなイビキでゆっくりできなかった。新幹線の運は無かったなぁ。

 今回の観戦を振り返ると。。。。1勝1敗以上に色々なものを感じることができた。初日は負けちゃったけど、去年一緒に観戦した2人と会えて、変わらずにタイガースをまっすぐ応援していることがすごく嬉しかったし、2日目は美味しい昼ご飯に、雨に降られたけど生活にタイガースがある風景を満喫して、試合にも忘れられないくらい劇的に勝ってこれを書いている今日(5月19日)も余韻がまだ消えていない。

 生まれて始めての甲子園3連戦観戦は1試合中止で流れたけど、延長12回は2試合分みたいな感じだし、次の6月11日からの3連戦のチャンスに賭けようと思う。

 春の雨に濡れた甲子園は美しく、蔦をつたう雨粒は優しく甲子園を潤していた。
5.19
| T−コラム | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/4936