06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 【2本立て】 優しく強く、強く優しく 【T−コラム50作目】 | main | 【今日も2本立て】 見たかっ!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

【今日も2本立て】 七難八苦を超えて
 マジック点灯。本当に信じていいのだろうか?そんな気持ちが僕の中にある。なんといっても2年ぶり。その軌跡を考えるとここまで来るのに長かったことを思い出し、感慨深いものがある。

 今までの歴史は決して平坦なものではない。沢山の苦悩、沢山の愛憎がそこにあった。

 名門(プライド)を捨てきれない強い意志。男はプライドの生き物なんだヨ。

 それを受け継いできたのは僕たちファンだったし、強いタイガースの幻影はいつまで経っても消えるものではない。そしてその復活に賭ける人たちの並々ならない執念や情念がここまでチームを動かした。

 就任した手塚オーナーは就任早々から「優勝です!優勝しかありません!」と言い続けた。野崎連盟担当も陰で球団を支えた。星野SDの残留だって、心の中のタイガースが動き出しているからだと信じている。

 日本史がお好きな方なら、尼子氏の忠臣、山中鹿介(やまなかしかのすけ)をご存知だろう。彼が自らの決意を詠んだ歌はあまりにも有名。その上の句が「憂きことの なほこの上に つもりかし(つもれかし)」。簡単に意味を書くと「今は状況がよくないけど、それでももっと苦難を与えたまえ」という意味。この強い心が僕たちファンの中にもある。

 悔しい思いがあるほどタイガースを好きになれる。憎んでも憎みきれない心がタイガースにはある。放っておいても難事が起こり、そのたびにファンは愛情を試される。それでも心が離れることなんて考えたことは無い。

 そしてその下の句「限りある身の 力ためさむ」。意味は「しかしそれでも、限られた能力であってもその限界までやってみよう。」という感じ。

 選手はグランドで、ファンはスタンドで、テレビ・ラジオの前で。この限られた時間、この限られた勝負のときを逃さずに時には限界まで、時には限界以上の気持ちでたった1つの目標に向かって前へ進む。

 オフになれば退団者は必ず出てしまう。毎年のことだけど、このメンバーがこのチームで野球が出来るのは今年が最後。だったらなおさらやるしかない!!

 苦しいこと、辛いことも出きった後にはきっと歓喜が待っている。何でもそうだ、世の中はそういうことになっている。うん、そう思おう!!

 相手がどんなに強い難敵でも何度でも何度でも立ち向かう。その強い心を僕は「折れない心」と言っている。それはタイガースと甲子園で僕が学んだ大切な心だ。そして自己満足かもしれないけど、それがほんの少しでも身についてきた自分を本当に幸せだと思えたのが今年だった。

 「憂きことの なほこの上に つもりかし 限りある身の 力ためさむ」

 苦しみも辛さも乗り越えた男たちのラストスパートがここから始まる。
| T−コラム | 17:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://tatemise.tblog.jp/trackback/48111