03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 役割明確化 | main | 藤浪ワインドアップ >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

負けても天晴!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 今節もレジーが欠場。相手は西地区上位の熊本。年末の群馬戦のように打つ手がない試合になるかと思われた試合。ファイブアローズが驚きの展開を見せます。

 前半から離されそうで追いついて、そして追い越す。シュートが好調だったこともありますが、熊本のシュート確率を低く抑えることができたのは、決して熊本のシュートが不調というだけではなく、試合開始から終了まで、徹頭徹尾執拗なディフェンスを徹底できたからです。

 相手が大きかろうと小さかろうと。外国籍であろうとなかろうと、そしてこちらの選手がガードであろうとなかろうと、とにかくマークした選手に食らいついて離しません。

 後半に入って3QTの苦戦はこの試合もそうでしたが終盤に少し反撃。インサイドに中西選手がいたらこちらのガードは3人がかりでリバウンド争い。胸が熱くなるシーンが何度もありました。

 4QTに入っても熊本に食らいつきます。残り6秒弱。選択したのはウッドベリーでした。シュートが外れてしまいました。あと2秒ほど残していたことを思えばウッドで行ったのが正解なのか、他のフリーの選手を見つけることにした方が正解なのか分かりませんが、試合を通じて見せ続けたファイブアローズのファイティングスピリットは凄かったと思います。

 こうした強豪に1点差で惜敗。だから下位チームに勝てるかといえばそう言い切れないのが今のファイブアローズです。課題は言うまでも無く継続性。こうした試合を、続けていかなければなりません。

 そして後半も。今日は前半で48得点でしたが後半は半分の24得点でした。この差を無くさなければいけません。

 それでも試合は続きます。次は金曜日と土曜日の2連戦。愛媛オレンジバイキングスをホームに迎えます。

 愛媛も西地区で勝率5割付近で戦えているチームです。どこが相手でも挑戦者の意識で。でも勝つことだけを考えていきましょう!
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 21:07 | - | - |