12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< マジで?西!! | main | 悔し〜!!香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

頑張った!の次を!!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 1,800人弱のお客様が駆けつけた高松市総合体育館。パソコン越しにも聞こえる大きな声がチームを後押しします。

 前半は互角。実際にはもう少しリードできても良かったのかもしれませんが、強い熊本相手に大健闘を見せます。

 前半からファウルが多かった藤岡選手ですが、試合を通じて体を張ったプレーを見せてくれます。数字に現れない貢献と言えます。

 高比良選手もリバウンドで相手のセンターに負けないところを見せたり、内外を使い分けたプレーで試合を取り戻そうとします。

 ちょっと気になったのはボールを手放すのが遅れることがあるところ。大澤選手もパスを出す相手を探す時間が長くなっているような気がします。ここでのボール回しを早めることでフリーの選手ができると感じました。

 それにしてもウッドベリーが止まりません。レジーがファウルトラブルで出場できない時間では自分で運んでオフェンスをデザイン。現在熊本でプレーするシェイの得点能力も高いのですが、ウッドベリーはまた違うタイプの点取り屋の姿を見せてくれました。

 ミスキがゴール下でフリーになったシュートを外したことは敗因ではありませんが、あそこで逆転しておけば試合の空気は一気に変わったのではないかと思います。思い切りのよいスリーを決めていただけに勿体ない場面でした。

 反省点は言うまでも無く3QTの入りです。誰がHCをやっても何故かこの時間帯のファイブアローズは苦労します。ここさえしっかり戦えれば全然違うといった試合が多くある気がします。

 接戦の翌日はボロ負け・・・というシーンもこの数年は多くなっています。明日は試合の入りから今日のような集中力を発揮して熊本相手にアップセットを決めてもらいましょう!
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:45 | - | - |