12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 大山が中心に | main | マジで?西!! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

爆弾小僧、永遠に
 偉大なプロレスラーと言っても差し支えないくらいの名選手、ダイナマイト・キッドさんがお亡くなりになった。

 国際、新日本、全日本と、当時のメジャー3団体を渡り歩き、主にジュニアヘビーで大活躍。初代タイガーマスクとの名勝負が有名だけど、そのあとのザ・コブラと戦っていた時の強さと言ったら半端じゃなかった。

 今でこそ多くの選手が使用する超高速ブレンバスターはキッドが最初だと思う。自分よりも重い相手にも果敢に仕掛けていった。

 一時は復帰したものの、引退時の印象も強く残る。全日本プロレスの世界最強タッグリーグ最終戦の日本武道館でキッドは試合前のリングアナによる「なお、この試合を持ちましてダイナマイト・キッド選手は現役を引退いたします。」という突然のアナウンスで引退を告げた。

 場内がざわつく中で、確かジョニ・スミス選手をパートナーに、ジョニー・エース、サニー・ビーチ組と対戦。最後はキッドのダイビング・ヘッドバットで引退試合を飾った。

 引退セレモニーを行ったとき、キッドは珍しくリング上でほほ笑んだシーンは今も覚えている。

 その後、みちのくプロレスの試合で両国国技館のリングに上がったりもしたが、やはり印象は新日本プロレスのジュニアヘビーの激戦と、開幕前に突如移籍して出場した全日本プロレスでデイビーボーイ・スミスとのタッグで大暴れした試合。

 自分へのダメージも相当だったと思う。本当に好きな選手だった。

 ダイナマイト・キッド選手の戦いを見ることができたことに感謝をささげたい。そして故人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
| ドキドキ☆ミソジーズ w(><)w | 21:19 | - | - |