04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 1プレーの怖さ 香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | バズーカとかキャノンとか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

接戦の翌日は・・・・・香川ファイブアローズ(バスケの話)
 一時期、ファイブアローズは「接戦の翌日はボロ負け」というジンクスがある・・・・・なんて一部のブースター間で言ってましたが、今日はそのとおりになってしまいました。

 1QT終了時点で20点を超えるビハインド。この差が終始縮まらず・・・・・広がっちゃいました。

 とにかく信州の攻撃力が凄いのですが、それはシュート力とでも言いましょうか。フリーはきっちり決める。そりゃ入りすぎかもしれませんが、決めるところで決めてくる。これは今のファイブアローズに欠けている大きなことです。

 焦りもあったかもしれませんが、ターンオーバーも響きました。終始落ち着かない試合でした。

 ケガ人といえば、レジーも万全ではありません。主にマーシャルとマッチアップしていましたが、故障が無い時期のレジーであればもっと動いて巧さのあるマーシャルと互角に戦えていたはずですね。でも今シーズン痛めている膝と腕の2箇所が響くからか、インサイドでとても苦労します。

 昨シーズンもレジーはF−Cの選手には互角に行けたのですが、典型的なセンタープレイヤー相手にマッチアップするときはちょっと苦労していました。今シーズンの所属で言えば、東京EXのライアンとか。

 やはりインサイドの外国籍選手の存在はチームの行方に大きな影響が出ます。特に今シーズンのような外国籍選手のルールでは。

 これから東北アウェイ4試合。青森も山形もファイブアローズよりも成績は上です。っていうか、今のファイブアローズよりも成績が悪いチームの方が少ないのですが。

 なんとかこの4試合を2勝2敗で。そりゃ勝ち越してほしいですけど、ケガをしている選手が万全の状態になるまでは贅沢なんて言えません。2勝2敗でも贅沢な望みかもしれませんが、先ずは5分で帰ってきてほしい。そう願っています。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 16:46 | - | - |