11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 日本人頑張れ!!香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 自由契約?! >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ウッド!ウッド!!ウッド!!!香川ファイブアローズ(バスケの話)
 スターターからウッドベリー選手の名前が消えていました。やはり疲労の蓄積もあって無理はさせられない。そう思っても不自然ではありません。でもこの試合もウッドベリー選手は出場します。しかも4QTには凄みさえ見せます。

 さすがリーグ屈指のスコアラーといったところですが、チームはこの試合も苦戦します。

 山形もいい形でのシュートを序盤から量産。ファイブアローズも付いていくのがやっとという感じです。それくらい、山形のシュートが高確率で決まりました。

 でもこうした確率が1試合を通じて続くか?と言われるとそれもまた違う気がします。それほどバスケは難しい。1つのプレーでリズムに乗ることもあれば、その逆もあるのです。

 3QT終了時点で17点ものビハインド。普通に考えれば無理っぽい感じです。そりゃそうです。17点差を逆転して勝つには18点差が必要。相手が10点取ったら28点。15点取ったら33点を1QTで奪わなければなりません。

 でもこの試合の4QTはまさにそんな展開でした。QT開始30秒でウッドベリーが2本のスリーを決めて11点のビハインドを戻します。残り9分30秒あれば11点差はひっくり返すことが現実的な数字です。そしてウッドのシュートがチームの積極性を加速させます。

 序盤から日本人選手が昨日と打って変わって積極的に得点に絡みます。3QTは本当にミスが多く勿体ない時間となりましたが、4QTはまるで正反対。激しいディフェンスからアウトサイドのシュートを決めまくり、追いつける感触が徐々に強くなります。

 ミズキもスリーポイントラインからかなり離れた位置から決めますし、あのレジーですら高いところからボールを奪いに動きます。こんなアローズ、久しぶりな気がします。気迫と言ってしまえばそれまで。でも気迫以上のなにかを見せてくれました。

 ゲームMVPはミズキです。シュートだけじゃなくディフェンスも、リバウンドも素晴らしかった。こうしてプレータイムが長くなることで得る自信が次につながると思います。そしてMVPは彼1人だけでないことは言うまでもありません。ケイタローもウッドも高田選手も良かったです。数字は控えめですが、ケイタローがファウルアウトしたときに出てきた竜さんの存在感、藤岡選手のポジション取り、とても頼もしかったです。

 山形戦での1勝1敗は上出来というよりは最低でも1つは勝たなきゃ・・・という対戦カードだったと思います。でもこの勝ち方はチームに勢いをもたらすのではないでしょうか。

 諦めなければ何かが起きる。自分たちには何かを起こす力がある。若い日本人選手が今日の試合を経て何かを感じ、そしてもっともっとプレーが変わって行ってくれればと願わずにいられません。



 香川ファイブアローズ!ナイスゲーム!!
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:06 | - | - |