02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 万全だったら・・・ 香川ファイブアローズ(バスケの話) | main | 金本監督ラストゲーム >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

藤岡大健闘! 香川ファイブアローズ(バスケの話)
 今節もアユムがベンチに座ったままの状態なのですが、今日はレジーまで。連勝中の広島相手に勝つ可能性がさらに減ってしまいました。

 しかしこの試合は昨日を上回る接戦に。一時は2点差ですか?そこまで迫りました。

 その理由はもちろんウッドベリー。PGからCまですべてのポジションをこなしてくれました。

 広島の田中選手が序盤から今日も得点を量産する中で、ファイブアローズのこの試合の特徴は、レジーを欠いた中でやむを得ないという背景もありながら4選手が2ケタ得点をしたということです。

 故障明けの高田選手が広島のインサイドに体を張りながらディフェンス。そして得点。

 ケイタローは今日も自分で道を作ってそこにアタックします。

 そんななか、アローズはついに原田選手がプロ入り初得点。フリースローの1本だけでしたが記念すべき得点となりました。

 まだまだプロの動きに合っているとはいえない場面も多いのですが、インサイドで相手のシュートに対し果敢にブロックに飛んでいます。

 同日入団の藤岡選手もこの日は爆発。昨日の移籍後初出場では6得点でしたが、今日は12得点。しかもスリーは2の2。2FG%は6の3という高確率。特に2本目のスリーは動きでしっかりリズムをとってからの1本ということでとてもきれいなシュートでした。

 彼ら2人に期待するのはインサイドなのですが、それぞれタイプが違うという印象。原田選手は自分よりも大きな選手に対してもマッチアップできそうな厚さがありますし、藤岡選手はタクローより少しスピードは落ちるかもしれませんがその分強さを感じる動きと運動量を感じさせてくれました。

 長いシーズンです。前半からこの故障者の状況では苦戦必至です。ただ、この2選手の活躍がなにか明るい兆しを運んでくるのかもしれませんね。

 PGのトモヤがほとんど出ない中でPGを務めたウッド。2試合とも出づっぱりで大変だったと思います。とにかく休めてほしい。そしてもうこれ以上誰もケガをしないで戦い、帰ってきてほしいと昨日同様願うばかりです。
| バスケの話(ファイブアローズと76ers) | 22:22 | - | - |