10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 7年連続?! | main | やはり厳しいか >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

できればもう1回
 飯田投手が移籍後初先発。早いイニングでの降板となってしまった。緊張もあったのかもしれない。ちょっと腕の振りにも遠慮というか戸惑う部分もあったのかもしれない。リベンジの場を与えることはあっても良いと思うのだが。

 巨人打線も飯田投手に対しては気持ちよく振りに来ていたので、なにか感じるところもあったのかもしれない。そこを超えていかないとね。

 序盤から中盤にかけてリードされ、5点差で迎えた8回表。敵味方関係なく、やはり四球というのは怖い。東京ドームでは「ソロは仕方ない。ランナー貯めてはダメ。」とよく言われているのだが、これはどの球場でも一緒。そのランナーを貯めるのが四球だと尚更。その「尚更」が起きてしまったのが8回表だった。

 俊介選手のセンター前。3回裏の守備でゲレーロ選手が打ったセンターオーバーのタイムリーは、俊介選手の正面に飛んでくる打球。正面の打球は難しいというが、まさにそれを絵にかいたようなシーンで、打たれた当たりからすれば仕方ないと思える打球だったけど、俊介選手にしてみれば捕れる打球という思いがあったはず。そんな表情を見せていた試合だけに、8回の俊介選手のセンター前タイムリーヒットは、自身にとっても借りを返したヒットになったように見えた。

 甲子園だったら3人くらいがお立ち台に呼ばれている試合。この試合のヒーローは逆転タイムリーの隼太選手。これは当然。でも梅野選手の2本塁打は試合をギリギリで手放さない貴重な得点だったし、3回表の大山選手のタイムリーも、先制されてもされっ放しではない姿を見せてくれた。

 これで夏のロードは勝率5割で終えた?らしい??もっと負けちゃったように思えるのだが、そうでもないのであればこれからの甲子園に期待したい。甲子園で勝率悪いとか言ってる場合じゃないんだよね。


| タテジマに想いを | 23:07 | - | - |