10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< これ、降格させるの? | main | またもや中止 >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

ビビらず行け
人気ブログランキングへ



 試合としては小野投手がピッチャーにホームランを打たれて・・・・・というのが大きなポイントになったような気がする試合だった。

 でも俺が一番苦言を呈したいのは同点にされたイニング。山田選手、バレンティン選手に連続四球。牽制球を悪送球にされたのが気の毒だったと思うけど(あれはロサリオ選手が捕らないと)、変化球がそこまで悪くない中で勝負球というか持ち味のストレートが決まらず四球。強打者とはいえもっと向かっていってほしかった。そりゃ向かって行ってるんだろうけど。

 原口選手も強気に、そしてテレビ解説者さえも驚く内角要求をしたりして、打ち取る意思を見せ続けたのだが、肝心の小野投手がそこに投げ込むことができなかった。これだと意外に勝ち星が伸びないタイプとなってしまいそう。

 ただ、今を遡ること16年ほど前、同じような展開を俺は甲子園で見ている。それは安藤コーチのルーキーイヤー。あの時も対戦相手はスワローズ。当時、スワローズにはペタジーニという強打者がいた。そのペタジーニ相手に勝負を避けたような四球を出していた場面を覚えている。

 でもその後、安藤さんは開幕投手を務めたりするくらいのエースになっている。小野投手もそうなれるのか?そうなってほしい気持ちもある。その安藤さん、2年目はリリーフとして大活躍。ジェフと一緒にリリーフ陣を支え、2003年のリーグ優勝に貢献している。小野投手も優勝に貢献できる投手になってほしい。




人気ブログランキングへ


コメント欄は時間によってご利用いただけることがあります。


コメント欄や投稿者名にショッピングサイトなどへのリンクが貼られていた場合などは削除することがあります。ご承知おきください。

なお、当面の間、サイドバーのコメント表示を非表示にしてあります。

| タテジマに想いを | 23:39 | - | - |