12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< ナイスラン! | main | 交流戦が始まる前に >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

エースと呼ばれるように
 才木投手が初勝利。見ているこっちも嬉しい結果となった。

 バランスとでもいえばいいのだろうか?高身長、足も長い、腕も長い。この腕の長さが凄く好バランスに見えた。

 タイガースの高身長投手といえば藤浪投手もそうなのだが、藤浪投手はなんか自分の素晴らしい身体をまだ活かしきれていない感じ。そこに凄い可能性を感じさせてくれるのだが、才木投手は現時点の身体的な長所をしっかり投球に活かしている。そんな感想をこの日の投球を見て感じた。

 もちろん、これで完璧という訳ではなく、もっともっと凄い球を投げる投手になってくれると信じている。

 ヒーローインタビューの中で、「エース」という言葉を自ら使っていた。これが本当に素晴らしい。エースと呼ばれる投手はなかなか簡単に出てこない。しかも1年だけ活躍して呼ばれるようになるものでもない。タイガースでエースといえば今ならメッセンジャー投手。日本人投手ではここ数年なかなか出てきていない。

 だからこそ、ここでエースを目指す、エースになると言えることが素晴らしい。見ているこっちも将来のエースと思って観戦することにしよう。

 打線が大量援護した試合。打線にも2つの初があった。

 主に代走で起用されている熊谷選手がプロ初ヒット。低めの変化球に食らいついてレフト前に転がした。足の速い選手が1軍でも打球を転がせるようになると相手が嫌がる打者となる。

 主に守備固めで起用されている山崎選手が移籍後初ヒット。ベイスターズ在籍当時から今日のようなパンチのある打撃を見せていたのだが、やっとタイガースでヒットが出た。

 打席数も少ないのでなかなか打撃機会も無かったのだが、それでも打率のところにゼロ3つ並ぶのは気になっていたはず。現在はファーストの守備固めだけど、内野だったらどこでも行ける選手。

 将来の主役、現在の助演役。見事に噛み合った試合だった。


| タテジマに想いを | 23:34 | - | - |