07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

タテジマに魅せられて

ときめいてシ〜ズン!勝とうぜ!阪神タイガース!!折れない心で前進しよう!お楽しみはこれからじゃ〜!!HANSHIN Tigers,It’s my life!!
<< 頑張れ!クリーンアップ | main | 最後の前の試合の昨日の試合 香川ファイブアローズ(バスケの話) >>
ARCHIVES

PROFILE

LINKS

現在の閲覧者数:

ジオターゲティング
OTHERS

実は守備の試合
 ここまでチームを引っ張ってくれたといっても過言ではない上本選手が盗塁の際に負傷。ライトからはどのようにドラゴンズの京田選手と交錯してしまったのかよくわからなかったが、とにかく重傷ではないことを祈っている。

 上本選手が早々にメンバーから外れてしまった試合。ロサリオ選手の4打点とか打撃に注目が集まる試合となった。

 昨日ブレーキとなってしまった糸井選手がホームランを打ち、ロサリオ選手も打撃爆発。やはりクリーンアップが打つと試合は楽になる。

 小野投手もカウントを苦しくする場面もあったけど7回途中まで投げて3勝目。バッテリーを組んだ坂本選手もさすがに7四死球は大変だったと思うけど、先発投手に勝ちをつけることができた。

 この試合、打つ方ばかりに目が行きがちだけど、走塁も実に良かった。ドラゴンズ先発のガルシア投手のモーションが大きいのか、盗みやすかったのか、とにかく走って4盗塁。上本選手は盗塁直後に負傷退場となってしまったが、それでも盗塁を繰り返し、足で稼いだ得点もあった。

 特に植田選手の速さは実に独特で、非常に低い体勢からスライディングするというもの。まさに“鋭い”という印象の走塁だった。

 そしてもっと印象に残ったのは守備。福留選手がレフト前ヒットで3塁に達しそうになっていたビシエド選手を刺した場面だけでなく、深い位置の守備でもしっかりファーストに送球できる植田選手の守備力や、ピンチで併殺にすることができた大山選手の捕球と送球など、守備がしっかりできている場面もあった。

 まさに走攻守揃った試合。上本選手の負傷で笑顔は無くても上本選手が帰ってくるまでとにかくしっかり戦う。そんな意思を強く感じることができた試合だった。
| タテジマに想いを | 20:26 | - | - |